コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヨリ サヨリ Hyporhamphus sajori

5件 の用語解説(サヨリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サヨリ
サヨリ
Hyporhamphus sajori

ダツ目サヨリ科の海水魚。高級食用魚。全長 40cm内外。体は細長く,側扁し,下顎が長く剣状に突き出ている。体の上面は青緑色,下面は白色。背鰭,尻鰭とも体の後方,尾鰭近くにある。沿岸の表層にすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サヨリ

サヨリ科の魚。地方名ヨド,スズ,クスビなど。トビウオサンマに近縁。全長40cmに達する。下顎が非常に長く,先端はだいだい色をなすのが特徴。北海道〜中国東岸,台湾に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

サヨリ

 [Hemiramphus sajori],[Hypohamphus sajori].ダツ目サヨリ科の近海の魚で高級魚とされる.約40cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サヨリ【Hemiramphus sajori】

ダツ目サヨリ科の海産魚(イラスト)。地方によりクチナガ,クスビ,スズ,サエロなどの名もある。近縁のサンマに似て背びれとしりびれが後方に対置するが,体が丸細く,下あごがくちばしとなって細長くのびるのが特徴である。このため漢字で細魚,または針魚と書き,英語ではhalf beakという。ただし,このくちばしが何の役に立つものかはよくわからない。体の背部は青緑色,腹部は白色で,下あごの先端が生きているときには赤い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヨリ
さより / 細魚・
halfbeak fish
[学]Hyporhamphus sajori

硬骨魚綱ダツ目サヨリ科に属する海水魚。サヨリの語源は、沢に多く寄り集まるという説と、体が狭くて群集性があるという説とがある。ダツ科、サンマ科、トビウオ科に近縁である。古くはヨリト、ヨロト、ヨロツなどとよんだ。日本ではもっとも普通にみられる種で、日本各地(南西諸島小笠原諸島を除く)および樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島、黄海、台湾に分布する。下顎(かがく)がくちばし状に長く突き出る。背びれと臀(しり)びれは尾びれ近くに位置する。吻(ふん)の背面に鱗(うろこ)があり、尾びれの後縁は深く湾入しない、下顎は頭長より短いなどの特徴で、他種と区別できる。全長40センチメートルほどになる。
 沿岸域に生息し、河口、湖などにも入り込む。稚魚や成魚は水面上を跳びはねる習性があり、危険が迫ると数回にわたり、水面上へ飛び上がり、外敵から逃げる。この習性は近縁のダツにもあり、さらに発達してトビウオ類の滑空飛躍となったと考えられている。
 雌雄とも満1歳、体長20センチメートル前後で成熟しだす。産卵期は4~7月、最盛期は5、6月前後で、このころの水温は18~20℃である。藻場(もば)または流れ藻などのある所へ十数尾ずつ群れをつくって出現し、水面近く、ときには水面を覆う藻の上に体を横たえて産卵する。熟卵は球形で直径2.2ミリメートル、卵膜に数本の長い糸状物と、それから180度対した側に1本のやや太くて長い糸があり、これらでホンダワラ、アマモ、流木の枝などに絡まる。受精した卵は、発生が進むにつれ、黄褐色から緑褐色に変わり、孵化(ふか)近くには暗緑色となる。孵化したばかりの仔魚(しぎょ)は全長8ミリメートル近くあり、活発に泳ぎ回る。孵化後10日目で12ミリメートルとなって下顎が伸び始め、25ミリメートルで変態は完了する。仔魚はプランクトンの小形甲殻類を食べ、その後はアマモ、甲殻類、水面に落下した昆虫などを食べる。5月ごろに生まれたものは、8月に14センチメートル、10月に18センチメートル、満1歳で25センチメートル、9月に30センチメートルになる。雄は1年または2年で、雌は2年で成熟する。寿命は満2歳である。
 刺網、延縄(はえなわ)、釣りによって漁獲される。岸辺や河口に集まったものを、アミ類やイワシ類のミンチを散布して魚群を集め、ゴカイやイソメ類のほか、エビのむき身の細片などを餌(えさ)にして釣る。近縁にクルメサヨリHyporhamphus intermediusがある。[落合 明・尼岡邦夫]
 下あごの先の紅色の鮮やかなものほど新鮮である。脂質は少なく白身の淡泊な味で、よい香りをもつ高級魚。春から秋にかけてが美味。体が細長いうえ、身も比較的厚いので、三枚におろして用いる。腹が黒く、料理の見かけがよくないので、おろしたものは黒い部分をていねいにとる必要がある。料理には、長い身を巻いたり、結んだりして、吸い物の椀種(わんだね)、てんぷら、煮物などに用いる。刺身、酢の物は、身が細く長いので、通常、糸づくりにする。握りずし、押しずしの種にもなる。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサヨリの言及

【サンマ】より

…秋の味覚を代表する魚の一つで,秋刀魚の字を当てる。分類上はダツ,サヨリ,トビウオなどの仲間である。体は側扁して細長く,下あごが上あごよりわずかに長い。…

※「サヨリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サヨリの関連キーワードダツ細魚アカトビウオアヤトビウオイトヨリカラスガレイキハダマグロギンザケソコイトヨリクルメサヨリ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サヨリの関連情報