コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラマンドラ

4件 の用語解説(サラマンドラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

サラマンドラ

円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。再生怪獣。初登場作品は『ウルトラマン80』。身長60メートル、体重4万トン。ゴルゴン星人が操る宇宙怪獣。1300度の火炎を吐く。体を傷つけられても数時間で再生することが可能。

サラマンドラ

日本の歌の題名。作詞:加藤直、作曲:高井達雄。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サラマンドラ【salamandra[ラテン]】

動物学ではヨーロッパ産のイモリトカゲに似た体形で,皮膚から有毒物質を分泌する。古来〈火トカゲ〉の名で地中の火に生息すると信じられ,四大の一つである火の精霊として,火から生まれ火を食べ,火をかきたてる力をもつと考えられた。錬金術では火の象徴として,賢者の石の生成に重要な役割を果たすとされる。一方古化学では,硝酸塩蒸留の際に発生する赤色の蒸気や,石綿を指すのにこの語が用いられた。【有田 忠郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラマンドラ
さらまんどら
fire salamanderEuropean salamander
[学]Salamandra salamandra

両生綱有尾目イモリ科の動物。ヨーロッパイモリともいう。ヨーロッパ中部および南部、アフリカ北西部、小アジアに分布する。全長13~28センチメートル。黒色地に線状または点状の黄色斑紋(はんもん)をもち、多くの亜種に区分される。山地や丘陵地の森林に生息し、地上性である。体内受精で、雌は春に約20匹の幼生を流水や止水に産む。アルプス山地からアドリア海東岸の山地にかけて分布する近縁種のアルプスサラマンドラS. atraは全身黒色を呈し、1、2匹の変態個体を産む。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラマンドラの関連キーワード西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアスカンピヨーロッパ通貨機構ヨーロッパの火薬庫ヨーロッパアシナシトカゲヨーロッパイモリヨーロッパ級

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラマンドラの関連情報