コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラート サラート salāt

3件 の用語解説(サラートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サラート(salāt)

シャリーアイスラム法)の定める、信徒の基本的五義務の一。1日に5回、定時に行う礼拝のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サラート

イスラムの宗規によって定められた,1日5回の祈祷(きとう)時における礼拝。メッカカーバ神殿に向かって,アッラーへの服従と感謝の念を所作と唱句で表明する。とくに毎週金曜日の正午にはモスク(マスジド・アルジャーミー)での集団礼拝が行われる
→関連項目アザーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラート
さらーと
alt

イスラム教における礼拝をいう。サラートは、被造物、僕(しもべ)としての人間が己を卑しくして、自己が帰依(きえ)する慈悲深い唯一絶対の創造主なる神を賛美する、形式の定まった儀礼であり、私的なドゥアーdu‘'(各人が自己の内奥を神に告白し、許しや救いを願う祈り)とは区別される。サラートは、コーランにも多くの言及があり、イスラム教の最初期からもっとも基本的な信仰義務とされたもので、五柱(イスラム教徒の五つの主要義務)の一つである。礼拝の回数、作法、順序などは、ムハンマド(マホメット)のスンナ(範例)に基づき、詳細に規定されている。毎日の礼拝は1日5回(暁、正午、午後、日没後、夜)、場所は家や職場などでもよいが、1人よりは集団で、しかもモスクで行うのが望ましいとされている。礼拝は、浄(きよ)めのあと、メッカに向かって立ち、神をたたえ、コーランの「開扉(かいひ)の章」を朗唱、続いて手を膝(ひざ)につけて深く低頭し、頭をあげるとともに両手を高くあげたあと、二度跪拝(きはい)する。金曜日の正午には、各地のモスクに集まって共同の礼拝(ジャマーアjam‘a)が行われる。そのほか、祝祭や雨乞(あまご)いなどの特殊な礼拝もある。[小田淑子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサラートの言及

【イスラム】より

…コーランで別々に記された言葉を結びつけたカリマが,最初,異教徒のイスラムへの改宗の〈証拠〉として用いられ始めたと考えるのは,きわめて穏当である。 礼拝はアラビア語でサラートṣalātと呼ばれ,神への服従と感謝の念の行為による表明である(図)。義務としての礼拝ṣalāt al‐maktūbaは夜明け(スブフṣubḥ,ファジュルfajr),正午(ズフルẓuhr),午後(アスル‘aṣr),日没(マグリブmaghrib),夜半(イシャー‘ishā’)の一日5回であり,ほかに自発的礼拝ṣalāt al‐taṭawwu‘を行うことが推奨される。…

※「サラート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サラートの関連キーワードイスラム暦ジンミー位襖ウマル巻式汎イスラム主義イスラム債券イスラム聖戦機構イスラムのスカーフイスラムの離婚

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラートの関連情報