コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリナクルス Salina Cruz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリナクルス
Salina Cruz

メキシコ南部,オアハカ州南東部の都市。州都オアハカの南東約 200km,テワンテペク地峡南岸,太平洋のテワンテペク湾にのぞむ港湾都市。漁港としてエビ,コルビナ (タラの一種) ,タイなどを水揚げして加工するほか,北北東約 200kmにあるミナティトラン油田からパイプラインが通じ,石油積出港として発展している。地峡横断鉄道,道路により,北のメキシコ湾岸のコアツァコアルコス港と結ばれる。人口6万 6147 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android