コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルバドル Salvador

翻訳|Salvador

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルバドル
Salvador

ブラジル中部東岸,バイア州の州都。旧称サンサルバドル São Salvador,バイア Bahia。リオデジャネイロの北北東約 1200km,大西洋岸の港湾都市で,大西洋からトドスオスサントス湾を分ける小半島の南端に位置する。ブラジル最古の都市の一つで,1549年ブラジルにおけるポルトガル植民地の首都として建設され,サトウキビのプランテーション地帯を背後に控えた砂糖貿易で繁栄。 1763年植民地の首都がリオデジャネイロに移されてから経済的にもしだいに衰退していったが,20世紀に入って再び発展,1940年以降人口も急増した。バイア州の商工業中心地としてカカオ,タバコ,砂糖,皮革,トウゴマ,ダイヤモンド,硬質材,石油などを積み出し,食品加工,たばこ,繊維,金属,木材加工,皮革,造船,セメント,石油化学などの工業が立地する。市街は二つの地区に分かれ,西の湾に面した低地には港湾施設,商業地区があり,背後の丘には官庁街,高級商店街,住宅街が広がり,両者は坂道,ケーブルカー,エレベータで結ばれる。植民地時代には奴隷貿易の大中心地であったため,住民には黒人やその混血が多く,その文化・習俗がみられる。また旧市街にはバロック様式の聖フランシス聖堂 (1701) や 17世紀の要塞など,植民地時代の古い建築物が多数保存されており,1985年世界遺産の文化遺産に登録。美しい海岸に恵まれていることもあって,観光業も発展。文化中心地でもあり,バイア連邦大学 (1946) ,サルバドル・カトリカ大学 (1961) をはじめとする高等教育機関や各種の博物館がある。交通の要地で,内外と結ぶ水運が盛んなほか,国内主要都市と鉄道,道路,空路で結ばれる。人口 205万 6013 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サルバドル

ブラジル東部,バイア州の州都。旧名バイア。大西洋に面するトドス・オス・サントス湾口の港湾都市。山手と下町地区を結ぶエレベーターが有名。1549年創設。ブラジル最古の都市で,1763年までポルトガル植民地の主都。
→関連項目ノルデステ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルバドル【Salvador】

ブラジル東部,バイア州の州都。人口207万0296(1991)。トドス・オス・サントス湾の北岸に接する。1549年初代ブラジル総督トーメ・デ・ソウザにより設立され,1763年まで植民地の主都であった。現在でも東部の主要都市の一つである。市の中心部は,上町Cida de Altaと下町C.de Baixaに分かれ,両者は大型エレベーター,坂道によって結ばれている。港には大型船が停泊できる。近郊のアラトゥ,カマサリなどの工業団地は連邦政府の税制恩典政策により,石油化学,繊維,食品,機械などを中心に急速に発展してきたが,地元市場の規模が小さいので,停滞する傾向を示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サルバドル【Salvador】

ブラジル東部、大西洋岸の港湾都市。サトウキビ・カカオ・コーヒーの集散地。旧称、バイア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルバドル
さるばどる
Salvador

ブラジル北東部、バイア州東部の港湾都市で、同州の州都。旧称バイア。ブラジル第三の大都市で、1763年まで首都であった。市街地はトードス・オス・サントス湾口の半島上に位置し、湾岸の低地(下町)と台地上(山手)に広がる。人口244万3107(2000)。砂糖生産の中心地で、17~18世紀にはその輸出や奴隷貿易で栄えた。その繁栄ぶりを示す70余りの教会、要塞(ようさい)など由緒ある建造物が山手に集中しており、この地区全体がブラジルの重要文化財として、史跡保存の対象になっている。港を中心とする下町は多数の銀行、商社などが集中する高層ビルのビジネス街で、それに続いて、精油、繊維、セメント、機械などの工場地区がある。下町と山手をつなぐエレベーター塔(長さ70メートル)はこの町最大の風物の一つである。町並みと海岸が美しく、ブラジル第一級の観光都市にあげられる。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサルバドルの言及

【ソウザ】より

…アフリカとインドで軍人,行政官として実績をあげていたソウザが選ばれたが,彼の着任の際には,6隻の船に彼を補佐する首席財務官,首席判事,官吏,兵士,大工,石工,職人,入植者など約1000人が同乗して到着した。ソウザは市会発足,首都サルバドルの建設,造船所設立,イエズス会への委託によるインディオの教化改宗,牧畜導入,他のカピタニアの監査,各地の要塞の点検など,多くの事業に精力的に取り組み,功績をあげた。【山田 睦男】。…

※「サルバドル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サルバドルの関連キーワードアゾレス諸島のアングラサンタ・アナ(エルサルバドル)ホヤアメリカ横断ウルトラクイズ民主国民連合[フィリピン]サルバドルのカーニバルゴベルナドルバラダレスバイア(ブラジルの州)フェイラ・デ・サンタナバイア(サルバドル)オリンダのカーニバルイレウス(ブラジル)ビトリアダコンキスタプレ=コロンビア美術ジェームズ ウッズワットリング[島]アドリアーナ リマフェイラデサンタナパウロアフォンソ滝サン・サルバドル島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サルバドルの関連情報