コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルマティズム サルマティズムsarmatyzm

2件 の用語解説(サルマティズムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルマティズム
サルマティズム
sarmatyzm

17世紀初め頃から 18世紀中頃にかけてポーランドで有力であった文化潮流。中央アジアのイラン系遊牧民族サルマティア人 (→サルマート ) がポーランド貴族 (→シュラフタ ) の祖先であるという伝説に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルマティズム【Sarmatyzm】

16世紀後半から18世紀前半にポーランド貴族(シュラフタ)のあいだで支配的であった伝統主義的な政治意識社会意識生活態度,文化的嗜好などの総称。18世紀後半に啓蒙主義者がシュラフタの伝統主義を批判してこの言葉を使った。 東部ヨーロッパを西のゲルマニアと東のサルマティアに区別する古代ローマの地理観が,ルネサンス時代に再発見され,これを受け入れたポーランドの人文主義者たちはサルマート人こそポーランド人の祖先であるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone