コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルマティズム sarmatyzm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルマティズム
sarmatyzm

17世紀初め頃から 18世紀中頃にかけてポーランドで有力であった文化潮流。中央アジアのイラン系遊牧民族サルマティア人 (→サルマート ) がポーランド貴族 (→シュラフタ ) の祖先であるという伝説に由来。西ヨーロッパのバロックに対応。ポーランド国家の経済的・政治的衰退期,反宗教改革期に一致した。西ヨーロッパと異なって国王の宮廷や都市ではなく,主として大貴族の城館,小貴族の屋敷が文化活動の中心をなした。文学,音楽,演劇,造形美術,建築などにおいてみるべきものが少くないが,一般に外来の文化・政治・宗教体系に対する不寛容,伝統主義,自己満足,現状肯定,身分的・民族的誇大妄想,外国人排斥などによって特徴づけられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルマティズム【Sarmatyzm】

16世紀後半から18世紀前半にポーランド貴族(シュラフタ)のあいだで支配的であった伝統主義的な政治意識,社会意識,生活態度,文化的嗜好などの総称。18世紀後半に啓蒙主義者がシュラフタの伝統主義を批判してこの言葉を使った。 東部ヨーロッパを西のゲルマニアと東のサルマティアに区別する古代ローマの地理観が,ルネサンス時代に再発見され,これを受け入れたポーランドの人文主義者たちはサルマート人こそポーランド人の祖先であるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android