コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルマート サルマート Sarmatians

3件 の用語解説(サルマートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルマート
サルマート
Sarmatians

前4世紀以降,南ロシアを中心に勢力をふるったイラン系遊牧騎馬民族。一時はスキタイを征服し,黒海北岸の全域を掌握したこともあった (前1~後1世紀) 。その後ローマ属州の下モエシア (ブルガリア) に侵入し,ローマ帝国北東辺境の重大な脅威となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サルマート

前6―前4世紀ごろ,ドニエプル川からアラル海にわたる草原地帯を支配し,1世紀ごろまでに,スキタイに代わって黒海北岸地方でも活躍した遊牧騎馬民族。ヘロドトスによれば,女性も男子と同じく馬に乗り,狩猟・出陣したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サルマート【Sarmat[ロシア]】

南ロシア草原地帯に居住したイラン系騎馬遊牧民族。ヘロドトスがサウロマタイ人Sauromataiとよび,のちにサルマート人,アランAlān(阿蘭)人として知られるものはみな同系統の民族であるといわれる。はじめドン川を境にスキタイ人の東方,ボルガ川下流域,ウラル南部草原に住み,スキタイ文化の影響を強く受け,またスキタイ系文化を東方に伝えるうえで大きな役割を果たした。前3世紀中ごろ,スキタイ人の弱体化に乗じ,ドン川を渡ってスキタイ領土に入り,スキタイ人をクリミア地方におしこめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サルマートの関連キーワードアパッチ族スキタイ中央アジアサヘル地帯バジャワスキタイ文化キンメリア人ハザル族《草原地帯》大草原地帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone