コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルモン サルモン Salmon, André

2件 の用語解説(サルモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルモン
サルモン
Salmon, André

[生]1881.10.4. パリ
[没]1969.3.12. サナリ
フランスの詩人,小説家,美術評論家。キュビスムシュルレアリスムなどの前衛運動を熱烈に支持し続け,その作品には現代世界の驚異と動揺が格調高く歌われている。主著はロシア革命を扱った長詩『議事日程』 Prikaz (1919) や詩集『信頼』 Créances (26) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルモン
さるもん
Andr Salmon
(1881―1969)

フランスの詩人。アポリネールらと立体派の運動に参加。初期作品を集めた『信用状』(1916)から『母音発声練習』(1960)まで多くの詩集は、新しい旋律をなかば伝統的な唱法で歌った現代の叙情歌である。『帽子の中にあった原稿』(1919)などの小説のほか、『現代芸術』(1920)、『ドラン』(1922)など近代画家についての著述が多い。『はてなき回想』(1955~61)はピカソモディリアニらの素顔を伝える当時の文壇、画壇の重要な資料である。[曽根元吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルモンの関連キーワードNエヌ没・歿勃・歿・没三角数ハルパリュケパリマラソンDiaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルモンの関連情報