コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルモン サルモンSalmon, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルモン
Salmon, André

[生]1881.10.4. パリ
[没]1969.3.12. サナリ
フランスの詩人,小説家,美術評論家。キュビスムシュルレアリスムなどの前衛運動を熱烈に支持し続け,その作品には現代世界の驚異と動揺が格調高く歌われている。主著はロシア革命を扱った長詩『議事日程』 Prikaz (1919) や詩集『信頼』 Créances (26) など。ほかにセザンヌ,ピカソドランらについての美術評論,20世紀前半の美術界,文学界の消息を詳しく伝える回想録『終りなき回想』 Souvenirs sans fin (55~61) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルモン
さるもん
Andr Salmon
(1881―1969)

フランスの詩人。アポリネールらと立体派の運動に参加。初期作品を集めた『信用状』(1916)から『母音発声練習』(1960)まで多くの詩集は、新しい旋律をなかば伝統的な唱法で歌った現代の叙情歌である。『帽子の中にあった原稿』(1919)などの小説のほか、『現代芸術』(1920)、『ドラン』(1922)など近代画家についての著述が多い。『はてなき回想』(1955~61)はピカソ、モディリアニらの素顔を伝える当時の文壇、画壇の重要な資料である。[曽根元吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サルモンの関連キーワードモディリアニ(Amedeo Modigliani)レーモン ラディゲ月下の一群10月4日ラディゲスミス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サルモンの関連情報