サロン・ド・メ(英語表記)Salon de Mai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サロン・ド・メ
Salon de Mai

毎年5月にパリで開催される美術展覧会で,「5月展」の意味 (→サロン ) 。 1943年にフランスの新進画家たちにより,対独レジスタンス運動の一つとして組織され,45年に第1回展が開かれた。具象・抽象主義を問わず,気鋭の画家たちが参加し,国外の作家や大家の作品も招待されるなど,広い範囲の美術活動をとらえようとする招待展。この展覧会で活躍した主要な画家に H.アルトゥング,P.スーラージュ,L.クートー,M.エルンスト,G.シュネデールらがいる。 51年には「サロン・ド・メ日本展」が東京で開かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サロン・ド・メ

〈5月のサロン〉の意味。1945年から開かれたフランスの招待制展覧会。ノン・フィギュラティフ系の作家らを中核とするが,具象作家を擁する一方,抽象主義のすぐれた新人にも門戸を開放するなど,戦後フランス美術史上重要な役割を演じ,サロン・ドートンヌに代わって最も権威のある展覧会となった。
→関連項目クートー田淵安一マルシャン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android