コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田淵安一 たぶちやすかず

3件 の用語解説(田淵安一の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

田淵安一【たぶちやすかず】

画家。福岡県生れ。1949年東大美術史科卒。猪熊弦一郎に油彩を学ぶ。1947年新制作派展に出品。1951年渡仏,以降パリを中心に活動。今井俊満コブラグループと交流し,レアリテ・ヌーベル,サロン・ド・メ等に出品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田淵安一 たぶち-やすかず

1921-2009 昭和後期-平成時代の洋画家。
大正10年5月20日生まれ。須田国太郎にまなぶ。昭和22年より新制作展に出品。26年渡仏し,アペルらコブラ系の画家たちと交遊。34年からパリに定住。鮮やかな色彩の抽象画をえがき,サロン-ド-メをはじめ海外の国際展で活躍する。60年フランス芸術文化勲章オフィシエを受章。平成21年11月24日死去。88歳。福岡県出身。東大卒。作品に「夜すぎる」「地下の樹」,著作に「西欧人の原像」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田淵安一
たぶちやすかず
(1921―2009)

洋画家。北九州市小倉(こくら)生まれ。幼少期から油絵を描き始める。1948年(昭和23)東京大学美術史学科を卒業、同大学院へ進む。在学中から猪熊(いのくま)弦一郎の研究所に通い、新制作協会展に出品する。1951年私費留学生としてソルボンヌ大学に留学。岡本太郎、菅井汲(すがいくみ)、今井俊満などの日本人画家のほか、コブラ系の作家たちと交友して抽象表現へと向かう。パリでのレアリテ・ヌーベル展、サロン・ド・メに出品して注目を集め、フランスから日本へと紹介されるようになる。1959年プレミオ・リソーネ展で買上賞(出品作品を買い上げる賞)、1966年現代日本美術展で優秀賞受賞。サン・パウロ・ビエンナーレ展、インド・トリエンナーレ展ほか、多くの国際展に招かれ、受賞も多数ある。1996年(平成8)神奈川県立近代美術館で田淵安一展が開催された。つねにヨーロッパと東洋、日本の文化・美術の伝統を踏まえて、とくに南画(なんが)系と琳派(りんぱ)系との現代的調和を思わせるような、豊かな色彩性とダイナミックなフォルムとの饗宴(きょうえん)が特色である。著書に『西欧人の原像』『二面の鏡』ほかがある。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『西欧人の原像』(1976・人文書院) ▽『西欧の素肌ヨーロッパのこころ』(1979・新潮社) ▽『二面の鏡』(1982・筑摩書房) ▽『アペリチフをどうぞ』(1985・読売新聞社) ▽『イデアの結界――西欧的感性のかたち』(1994・人文書院) ▽神奈川県立近代美術館編・刊『田淵安一展――宇宙庭園』(1996) ▽『ブルターニュ・風と沈黙』(1996・人文書院) ▽『西の眼東の眼』(2001・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田淵安一の関連キーワード千葉治平青木和夫岩崎敏夫江幡修三相良亨辻隆長岡毅中義勝伴義雄樋渡宏一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田淵安一の関連情報