コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワラ(椹) サワラChamaecyparis pisifera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワラ(椹)
サワラ
Chamaecyparis pisifera

ヒノキ科の常緑樹でしばしば 30~40mの大高木になる。山林中に自生するが,植林したり,また生垣や庭木として栽植されている。葉はヒノキにはなはだ似ているが,葉の先端はとがり,裏から見ると羽状に配列している。雌雄同株で雄花は枝の先端につき,紫褐色のやや長い球形,雌花は基部に生じ緑色で球形をしている。熟すると黄緑色の球果となるが,ヒノキに比べてやや小型である。またヒノキでは側枝がほぼ水平に張出すのに対して,サワラは枝が斜め上に伸びるので全体の樹形がやや異なる。ヒノキ,アスナロクロベコウヤマキとともにいわゆる「木曾の五木」とされるが,建築材としてはヒノキに比べてはるかに劣る。サワラの園芸品種は多く,ヒヨクヒバシノブヒバヒムロなどが有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サワラ【サワラ(椹) Chamaecyparis pisifera (Sieb.et Zucc.) Endl.】

日本特産のヒノキ科の常緑高木で,木材はヒノキに劣るが,観賞用に栽植される多数の園芸品種がある(イラスト)。樹高30m,幹はまっすぐで直径1mを超すこともある。樹皮灰褐色で薄く縦に裂けてはがれる。樹冠円錐形,ヒノキより色が淡い。小枝は平らで,裏側の葉面に幅の広い白色の気孔群がある。葉は鱗片状で先がとがる。春,小枝端に目だたない雌・雄の花をつける。秋に径6~7mmの球果を結び,果鱗の中央がややへこむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サワラ(椹)の関連キーワード人力車

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android