コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワラ(椹) サワラChamaecyparis pisifera

2件 の用語解説(サワラ(椹)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワラ(椹)
サワラ
Chamaecyparis pisifera

ヒノキ科の常緑樹でしばしば 30~40mの大高木になる。山林中に自生するが,植林したり,また生垣や庭木として栽植されている。葉はヒノキにはなはだ似ているが,葉の先端はとがり,裏から見ると羽状に配列している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サワラ【サワラ(椹) Chamaecyparis pisifera (Sieb.et Zucc.) Endl.】

日本特産のヒノキ科の常緑高木で,木材はヒノキに劣るが,観賞用に栽植される多数の園芸品種がある(イラスト)。樹高30m,幹はまっすぐで直径1mを超すこともある。樹皮は灰褐色で薄く縦に裂けてはがれる。樹冠は円錐形,ヒノキより色が淡い。小枝は平らで,裏側の葉面に幅の広い白色の気孔群がある。葉は鱗片状で先がとがる。春,小枝端に目だたない雌・雄の花をつける。秋に径6~7mmの球果を結び,果鱗の中央がややへこむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone