コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンショウソウ Pellionia minima Makino

世界大百科事典 第2版の解説

サンショウソウ【Pellionia minima Makino】

照葉樹林帯の谷間に生えるイラクサ科の多年草(イラスト)。葉は地表面をはう茎の両側に並び,そのようすがサンショウの複葉に似ていることから和名がついた。茎は分枝して地表面をおおうように伸び,長さ10~30cm,開出する短毛があってよく目だつ。葉は長さ0.4~1.5cmと小型。近縁のオオサンショウソウP.radicans (Sieb.et Zucc.) Wedd.は葉がより大型で,長さ2~4.5cm,茎の毛はごく短く目だたない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンショウソウ
さんしょうそう / 山椒草
[学]Pellionia minima Makino

イラクサ科の多年草。小形の葉を互生した枝先の様子が、サンショウの葉に似ることからこの名がある。茎は地表をはって盛んに枝分れし、暗紫色で、目だたない毛がある。葉は2列に互生して地表に広がり、楕円(だえん)形で左右非対称、長さ0.5~2 センチメートル。先端は鈍く、縁(へり)には小さな鈍鋸歯(きょし)がある。花は雌雄別々の花序につく。雄花序はまれにしか出ないが、最上部の葉腋(ようえき)から出て集散状で、長い柄(え)があり、雌花は葉腋に多数頭状に固まってつき、無柄。関東地方以西の常緑樹林下の湿った場所に生育し、国外では中国中南部に分布し、中国名は小赤車という。アラゲサンショウソウ(粗毛山椒草)P. brevifolia Benth.は本種に酷似し、しばしば同じものとされるが、茎や葉に開出する毛が多く、葉に白斑(はくはん)がある。九州南部にごくまれに生え、中国南部に分布する。中国名は短葉赤車。オオサンショウソウ(大山椒草)P. radicans (Siebold et Zucc.) Wedd.もサンショウソウに似るが、全体に大きく、葉は長さ2.5~5センチメートル。ときにそれ以上に達し、先がとがるので区別される。日本での分布はサンショウソウと同じだが、国外での分布はより広い。サンショウソウ属は約60種がマレーシア地域を中心に分布するが、ウワバミソウ属に近縁でその亜属とされることもある。[米倉浩司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サンショウソウの関連キーワード奄美大島キミズ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android