コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタクルス Santa Cruz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタクルス
Santa Cruz

正式名称はサンタクルスデラシエラ Santa Cruz de la Sierra。ボリビア東部,サンタクルス県の県都。ラパスの東南東約 550km,アンデス山脈東麓の熱帯低地にあり,標高約 420m。 1560年代初めパラグアイからやってきたスペイン人により約 250km東,現在のサンホセデチキトスの地に建設されたが,インディオにたびたび攻撃されたため,95年アマゾン川水系ピライ川にのぞむ現在地に移転。 1950年コチャバンバからの道路が通じ,周辺での油田開発が進むとともに急速に発展,現在ラパスに次ぐ同国第2の大都市となっている。肥沃な農業地帯の中心地として,サトウキビ,米,コーヒー,タバコなどを集散するほか,市内にはたばこ,皮革製品,アルコール,製糖,石油精製などの工業が立地。ガブリエル・レネ・モレノ大学 (1880) 所在地。現在道路のほか鉄道も通じ,ラパス,ブラジル,アルゼンチンの各方面と連絡。国際空港もある。人口 69万 4616 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンタ‐クルス(Santa Cruz)

ボリビア南東部の都市。サンタクルス県の県都で、事実上の首都ラパスに次いで同国第2の規模をもつ。近郊に日本人移住地がある。正式名称はサンタクルス‐デ‐ラ‐シエラ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンタクルスの関連キーワードクリスティナ フェルナンデス・デ・キルチネルノエルケンプメルカード国立公園ラスパルマスデグランカナリアロスグラシアレス国立公園サンタクルスデテネリフェサンタクルスデモンポスペリクレス シャムスカガラパゴス[諸島]サンタクルス大聖堂バンセル・スアレスロンサム・ジョージアルヘンティノ湖カナリア[諸島]ビアナドカステロプエルトスアレスサン・マルティンセイモアノルテ島エルチャルテンサマイパタの砦リオガジェゴス

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンタクルスの関連情報