コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタヤナ サンタヤナSantayana, George

2件 の用語解説(サンタヤナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタヤナ
サンタヤナ
Santayana, George

[生]1863.12.16. マドリード
[没]1952.9.26. ローマ
アメリカの哲学者,詩人,評論家。両親はスペイン人。 1872年渡米。ハーバード大学で W.ジェームス,J.ロイスに学び,86年卒業。 89年から 1912年まで同大学哲学教授。実在論とプラトン観念論の調和を哲学の課題とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

サンタヤナ【George Santayana】

1863~1952) アメリカの哲学者・詩人・評論家。スペインの生まれ。ハーバード大学教授。のちヨーロッパに転住。批判的実在論の代表者。唯物論とプラトン主義の間に立ち、審美主義的哲学を展開。著「理性の生命」「美の感覚」「最後のピューリタン」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

サンタヤナの関連キーワード中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市芹沢鴨坪井九右衛門塙忠宝ブルース

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone