サンタ・クルーズ[諸島](英語表記)Santa Cruz Islands

世界大百科事典 第2版の解説

サンタ・クルーズ[諸島]【Santa Cruz Islands】

南西太平洋,ソロモン諸島に属する火山性の島群。サン・クリストバル島の東方450kmに位置し,ヌデヌデ(エンデニ),ウトゥプア,バニコロ,ティナクラの4主島と周囲のリーフ,タウマコ(ダフ)島群などからなる。総面積約1000km2,人口約4000。1595年,スペイン人メンダーニャによりヌデヌデ島が発見され,サンタ・クルーズと命名された。その後,欧米諸国との接触はほとんどなく,近年にいたっている。1923‐64年,バニコロ島を中心に,カヌー用材となるカウリマツの開発が行われたが,その後はコプラが重要な産物

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android