コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・マリア・マッジョーレ教会 サンタマリアマッジョーレきょうかいSanta Maria Maggiore

世界大百科事典 第2版の解説

サンタマリアマッジョーレきょうかい【サンタ・マリア・マッジョーレ教会 Santa Maria Maggiore】

イタリアのローマにある初期キリスト教時代のバシリカ式教会堂。教皇シクストゥス3世(在位432‐440)により建設され,聖母マリアにささげられた初めての教会堂となった。5世紀中ごろのみごとなモザイク装飾が残る。内陣の凱旋門型アーチ壁面には,〈空の御座〉を中心に,段状の構成でキリスト幼児伝の諸場面とベツレヘムエルサレムが表される。図像的にも場面選択のうえでも独特のこの装飾は,神の母(テオトコス)処女マリアによるキリストの受肉という,エフェソス公会議(431)で認められた教義を反映するものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンタ・マリア・マッジョーレ教会の関連キーワードスカルラッティ(Alessandro Gaspare Scarlatti)初期キリスト教美術パレストリーナローマ(市)フォンタナベルニーニトリーティベルガモブリル

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android