コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントウェルペン アントウェルペン Antwerpen

4件 の用語解説(アントウェルペンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントウェルペン
アントウェルペン
Antwerpen

ベルギー北部,アントウェルペン州の州都。フランス語ではアンベール Anvers,英語ではアントワープ Antwerp。ベルギー第2の都市で,商業貿易の中心地。ヨーロッパ四大貿易港の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アントウェルペン(Antwerpen)

ベルギー北部の港湾都市。ヨーロッパ有数の貿易港。ダイヤモンド研磨・造船などの工業が盛ん。フランス語名アンベルス。英語名アントワープ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アントウェルペン【Antwerpen】

アンベルスのオランダ語名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントウェルペン
あんとうぇるぺん
Antwerpen

ベルギー北部、アントウェルペン州の州都、港湾都市。アントウェルペンはオランダ語名で、フランス語名はアンベルスAnvers、英語名はアントワープAntwerp。人口44万8709(2002)。ベルギー第二の都市である。北海より約90キロメートル上流のスケルデ川両岸に市街が発達し、旧市街の東岸と新市街の西岸とは河底トンネルで結合している。[川上多美子]

地誌

オランダのロッテルダムに次ぐヨーロッパ第二、ベルギー最大の貿易港で、232の定期航路がある。相手地域は35%がほかのヨーロッパ地域、ついで北・中央アメリカ、アフリカの順となる。積み出し貨物の約14%が石油製品、ついで鉄鋼であり、積み卸し貨物の約15%は石油製品、ついでその他の鉱物、原油である(1999)。鉄道、運河、高速道路によって、国内のみならずドイツのルール地方、アムステルダム、パリなどと連絡し、緊密な関係にある。伝統的工業として造船、植物油の加工、ダイヤモンド研磨工業がある。ダイヤモンド研磨工業は15世紀以来ユダヤ人を中心に発達してきたもので、世界的なダイヤモンド取引所がある。今日では、欧米の多国籍企業が港湾地域に多数進出し、自動車組立て工業、石油化学工業のほか、電気機械、ゴム、プラスチック、写真フィルム、合成繊維、既製服工業などが重要となった。1990年代に入ってアントウェルペン王立芸術アカデミー・ファッション学科出身の若手デザイナーたちが世界のファッション産業で注目される活躍をしている。たび重なる戦禍にもかかわらず、ルネサンス様式の市役所、王立美術館、プランタン・モレツス印刷博物館、ルーベンスの名作を蔵するノートル・ダム大聖堂など、歴史的記念物が豊かな都市である。画家ファン・ダイク、J・ヨルダーンス、P・ブリューゲルの生地。
 アントウェルペン州は、オランダに接するベルギー最北の州。面積約2859平方キロメートル、人口165万2450(2002)。スケルデ川流域のポルダー(干拓地)では園芸、南部では混合農業が行われる。北部から東部の砂丘地帯は森林や荒れ地となっているが、ガラス工場や、亜鉛、コバルト、銅などの精錬所がある。州都以外の小都市では、肥料、染料、爆薬、電気機械、自動車組立て、じゅうたん、洋品雑貨製造業がある。[川上多美子]

歴史

7世紀以来メロビング朝フランク王国の4分邦国の一つであるアウストラシアに属していたが、元来一漁村にすぎなかった。以後フランク王国、ロタリンギア王国に編入され、9世紀に築かれた城塞(じょうさい)がノルマン人によって破壊されたのち、10世紀に神聖ローマ帝国の支配下に入った。1008年に独立して侯領となる。とくに商業の発展で重要性を増し、1288年、ブラバン(ブラバント)公領に併合され、帝国の自由都市として自治権をもった。1315年にハンザ同盟に加盟、各国商人に特権や無税品目を認め、世界各地の物産が取引された。1357年にフランドル伯に占拠されても、その経済的地位は変わらず、1415年以降、年2回の定期市が開かれ、1460年には、史上初の国際株式取引市場を開設、名実ともに国際商業都市として繁栄した。しかし16世紀のネーデルラント争乱では、1576年のスペイン軍による略奪などで打撃を被り、独立したオランダのアムステルダムにその地位を奪われた。さらに三十年戦争の結果、1648年のウェストファリア条約によってスケルデ川の航行が断たれ、昔日のおもかげを失った。以後18世紀には、しばしばフランス軍による占領を経験し、ベルギーの独立にあたっても、市からの退去を拒むオランダ人に対してジェラール元帥指揮下のフランス軍が攻撃、1832年に一時占領された。しかし、新しいベルギーの主要港としての商業活動は変わらず、1863年にはオランダ人から入港税の徴収権を買い戻した。1914年の第一次世界大戦のときと同様に、1940年の第二次世界大戦にあたってもドイツ軍によって占拠された。
 日本郵船株式会社のヨーロッパ航路開設の第一船「土佐丸」が、最終目的地としてアントウェルペンに着いたのは、1896年(明治29)3月のことであった。1921年にロンドンが最終目的地になったが、回航地として日本とヨーロッパを結ぶ重要な港であり続けた。1930年の独立100周年記念の海洋植民万国博覧会には、日本郵船株式会社が参加した。[磯見辰典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアントウェルペンの言及

【アントワープ】より

…ベルギー北部,スヘルデ川の河口に臨む大貿易港,臨海工業都市で,同名州の州都。アントワープは英語で,フラマン語(オランダ語)ではアントウェルペンAntwerpen,フランス語ではアンベルスAnversまたはアンベール。人口は隣接12市を含む都市圏全体で62万6000(市域のみでは19万7000。…

【ベルギー】より

…政党は,伝統的に全国的な三大政党(カトリック系のキリスト教国民党,自由進歩党,社会党)を中心としてきたが,1960年代からフランドルとワロンの民族対立のあおりでそれぞれが二分され,両方の地域=民族政党や右翼政党が得票の3割を占めるため,連立内閣はつねに不安定となったが,それでも,1992年以降,キリスト教国民党(オランダ語系)のデハーネ首相のもとでの中道左派5党連立内閣は,閣僚のスキャンダルの打撃や労働組合の大規模なストによる反対を押し切って,財政緊縮や憲法改正の難事業を達成した。
[地方行政]
 ベルギーでは,先に述べた連邦化によって地方行政も大きく変革され,フランドル地域(東西フランドル,アントウェルペン,フランドル・ブラバント,リンブルフの5州),ワロン地域(エノー,ナミュール,リエージュ,リュクサンブール,ワロン・ブラバントの5州)と首都ブリュッセルの3〈地域〉に分かれ,その下に10州と589の市町村があり,首都ブリュッセルは隣接19自治体を含む。これら州,市町村はそれぞれ議会をもち,州知事は〈地域〉政府から任命され,市町村長はそれぞれの議会より選挙される。…

※「アントウェルペン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アントウェルペンの関連キーワードアンベルスアントワープヘントウェルシュコーギーブラバントジンメルの塔聖グマルス教会メッヘレンアントウェルペン[州]ベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アントウェルペンの関連情報