コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフェソス公会議 エフェソスこうかいぎConcilium of Ephesos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフェソス公会議
エフェソスこうかいぎ
Concilium of Ephesos

431年6月 22日~7月 17日にエフェソスで開かれた第3回公会議。キリストにおける神人両性の位格的結合とマリアは神の母 Theotokosであるか否かをめぐって,ネストリウスを中心とするアンチオキア派とキュリロスを中心とするアレクサンドリア派が対立。勢力関係が二転三転したのち,ネストリウスへの異端宣告と6ヵ条のカノンが採択され,キリストの位格は一つであること,マリアは神の母たることが認められた。なお,アウグスチヌスも招聘されたが,親書を受取る前にヒッポで没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エフェソスこうかいぎ【エフェソス公会議】

ネストリウス問題の解決のために431年,小アジアのエフェソスで開催された公会議。第3回公会議にあたり,皇帝テオドシウス2世が招集した。コンスタンティノープル主教ネストリウスは,キリストにおける神性と人性の区別を明確にすべきだと主張し,聖母マリアへの〈テオトコス〉(〈神の母〉の意)の尊称に反対した。それに対しアレクサンドリア主教キュリロスらが強く反発し,教会政治上の思惑もからんで論争問題となっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エフェソスこうかいぎ【エフェソス公会議】

エフェソスで431年開催された宗教会議。キリストの神性を否定したネストリウスを異端として破門、ニカイア信条を再確認した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エフェソス公会議
えふぇそすこうかいぎ

431年、小アジアのエフェソスEphesos(エペソ)で開かれたキリスト教会の第3回公会議。いわゆるネストリウス論争の解決のため、東ローマ皇帝テオドシウス2世によって招集された。ネストリウス(コンスタンティノープルの総主教)は、キリストには神人二つの人格ないし実体があると主張、また当時広く用いられて東方世界で問題化していた「神の母(テオトコス)」というマリアの呼称に反対したため、キリロス(アレクサンドリアの総主教)によって激しく論難され、この会議で異端の宣告を受けた。この会議では、キリストの位格(ペルソナ)について神人一体であること、マリアは神の母であることが決定された。[菊地栄三]
『H・I・マルー著、上智大学中世思想研究所監訳『キリスト教史2 教父時代』(1980・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエフェソス公会議の言及

【マリア論】より

…なお,《ヨハネの黙示録》12章はマリアよりも教会のイメージだと考えられている。古代教会においてマリア論がキリストの本性と役割の明確化への要求とともに発達したことは,キリスト論の重大な決定を行ったエフェソス公会議(431)がマリアを〈キリストの母〉とは言えても,〈神の母〉とは言えないとしたネストリウスの異端に反発して招集されたことからもうかがわれる。16世紀のプロテスタント間の〈和協信条〉(1577)ではマリアが〈神の母〉と宣言されているにもかかわらず,プロテスタント側からの攻撃に対するカトリックの弁明の必要から,以後マリア論が専門分野にまで発達し,近代における教皇による二つの重要なマリアに関する教義の宣言を生み出すようになる。…

※「エフェソス公会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エフェソス公会議の関連キーワードサンタ・マリア・マッジョーレ教会テオドロス[モプスエスティアの]キュリロス[アレクサンドリアの]キュリロス[アレクサンドリア]テオドロス[モプスエスティア]マリア(キリストの生母)総合年表(ヨーロッパ)ケレスチヌス1世シクスツス3世ネストリウス派カトリック教会東方正教会聖母子像阿羅本聖母子景教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android