サンビターレ聖堂(読み)サンビターレセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンビターレ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンビターレ聖堂】

Basilica di San Vitale》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナにある教会。6世紀半ば、東ローマ帝国の時代に建造された。八角形の平面構成をもつ堂内には、ユスティニアヌス1世や皇后テオドラを描いた荘厳なモザイクがあり、ビザンチン美術の傑作として知られる。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android