コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンフアン San Juan

翻訳|San Juan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンフアン
San Juan

アルゼンチン中北部西寄り,サンフアン州の州都。コルドバの西約 400km,アンデス山脈東麓の盆地にあり,コロラド川水系サンフアン川にのぞむ。標高約 630m。 1562年建設されたが,洪水によってしばしば被害を受けたため,93年やや南の現在地に移転。現在は堤防が築かれて洪水から守られている。 1944年の大地震により,18世紀初めに建てられた大聖堂や修道院も含めて市街は大破,その後近代的市街が再建された。現在周辺の肥沃な灌漑農業地帯の中心地で,農産物を集散するほか,食肉,ワイン,製粉などの工業が立地。教育者として知られ,同国の大統領ともなった D.サルミエント (在任 1868~74) の生地で,その生家は博物館,図書館となっている。メンドサの北にあたり鉄道,道路で連絡。人口 11万 9399 (1991推計) 。

サンフアン
San Juan

正式名称はサンフアンデラマグアナ San Juan de la Maguana。西インド諸島中部,ドミニカ共和国西部の都市。セントラル山脈南麓にあり,サンフアン川にのぞむ。インディオのタイノ族の中心集落があったところに,1508年スペイン人が建設。 19世紀初めハイチとの戦いの戦場となった。米,コーヒー,トウモロコシ,果実,ジャガイモなどの集散地で,牧畜も盛ん。首都サントドミンゴの西北西約 150kmにあり,道路で連絡。人口4万 9764 (1981) 。

サンフアン
San Juan

西インド諸島中部,アメリカ合衆国自治領プエルトリコの首都。プエルトリコ島北東岸,大西洋に臨む港湾都市。旧称プエルトリコ Puerto Rico。 1508年スペイン人が現在の市の南西郊カパラに集落を建設したが住みにくく,1521年湾口の二つの小島 (のち橋と堤道で本島と連絡) に移転。まもなくエルモロ,サンクリストバルなどの要塞や城壁が建設され,その後長く外敵を防いだ。アメリカ=スペイン戦争の結果,1898年合衆国領となった。 20世紀に入って市域が急速に拡大。周辺のカロリナグアイナボなどを含めて大都市圏を形成し,プエルトリコの行政,経済,文化の中心地となっている。港からは島の主産物,サトウキビ,タバコ,コーヒーなどを輸出。主要工業は石油精製,製糖,ラム酒,セメント,医薬品,たばこなど。プエルトリコ大学 (1903) がある。合衆国領で最古の都市で,要塞をはじめラフォルタレサ (現知事官邸) ,聖フアン大聖堂など古い建築物が多数現存する旧市街は,1983年世界遺産の文化遺産に登録。ホテルや娯楽施設などが完備し,保養・観光地としても発展している。東郊に国際空港がある。人口 42万6618(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐フアン(San Juan)

米国領プエルトリコの都市。1519年にスペイン人が建設。要塞などが残る。観光・保養地。人口、行政区44万(1991)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サンフアン【San Juan】

西インド諸島、アメリカ合衆国の自由連合州であるプエルトリコ島の北東岸の小島に位置する港湾都市。サンファン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

サンフアンの関連キーワードバラデルコロラド野生保護区サンフアンアイランドサンフランシスコ地震サンフアンデルノルテサンフアンの火祭りマイク ローウェルエルカネーの戦いサンフアン大聖堂ジョージア海峡ルイス ミゲルファーミントンアグアディヤニカラグア湖ミシオネス県サンヘルマンリオグランデサンフアン島サンカルロスハロー海峡エストラダ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンフアンの関連情報