サンマルコ大聖堂(読み)サンマルコダイセイドウ

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンマルコだいせいどう【サンマルコ大聖堂】

イタリア北東部、ベネチア(Venezia)市街中心部のサンマルコ広場にある、同市で最も有名な大聖堂。イタリアを代表するロマネスクビザンチン様式の歴史的建造物でもある。隣接するドゥカーレ宮とつながっている。828年、ベネチア商人がアレキサンドリアから運んできた聖マルコの聖遺物(遺骸)を安置する聖堂として建てられたのが最初で、その後、1063年ごろに現在の聖堂の原型となる建物が着工し、改修を繰り返しながら、今日に至った。このとき、聖堂は、東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリスにあった聖諸使徒大聖堂を模して建てられたといわれている。壮麗な建物で、黄金で飾られたモザイク壁画や、色大理石、宝石、七宝などで装飾され、当時のベネチアの繁栄を今に伝えている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android