コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーモグラフィー サーモグラフィー thermography

翻訳|thermography

4件 の用語解説(サーモグラフィーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サーモグラフィー(thermography)

物体の熱分布を図として表し分析する装置。医療では皮膚の温度分布を測定し、それを色分布などで画像化して乳癌(にゅうがん)などの診断に用いる。熱画像カメラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サーモグラフィー

赤外線センサーを用いて,物体表面の温度分布を測定する装置。接触型と投射型があるが,医療用としては投射型が主に用いられ,体表面の温度分布の測定を行う。局所循環不全乳癌(がん)の診断に利用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サーモグラフィー【thermography】

物体や生体の表面の温度分布を画像として表す方法をいい,臨床検査では患者皮膚表面の温度分布を画像として観察し診断情報の一つとする検査法をいう。赤外線輻射温度計で検出した温度を電気特性の変化としてとらえ,光の強弱に再変換して画像をつくりあげるもので,皮膚表面の連続した温度分布を観察できるようになっている。実際の医学的利用では,(1)血流変化から病変部位を推定すること,(2)病変の回復経過を観察することに主眼がおかれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サーモグラフィー【thermography】

体の表面の温度を測定・画像化し、診断に用いる方法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーモグラフィーの関連キーワード輝度露点輝度温度テクスチャーマッピング熱膨張率温度勾配片山の式ニュートンの冷却の法則ファンデルワールスの表面張力式表面温度計

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーモグラフィーの関連情報