コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーリネン Saarinen, Eero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーリネン
Saarinen, Eero

[生]1910.8.20. キルクコヌンミ
[没]1961.9.1. ミシガン,アナーバー
フィンランド生れのアメリカの建築家。エリエル・サーリネンの息子。 1929年パリで彫刻を,30~34年エール大学で建築を学び,37~50年父とともに働いた。独立後は折衷主義的な傾向を示し,建物の機能に合わせて手法を選ぶ柔軟な姿勢でのぞんだ。おもなものにゼネラル・モーターズ技術センター (1948~56,ミシガン,ウォーレン) ,マサチューセッツ工科大学講堂およびクレスギ礼拝堂 (53~55,ケンブリッジ) ,イエール大学ホッケーリンク (53~59) ,TWAエアターミナル・ビル (56~62,ケネディ空港) ,ダレス空港ビル (56~62,ワシントン D.C.近郊) などがある。

サーリネン
Saarinen, Eliel

[生]1873.8.20. ランタサルミ
[没]1950.7.1. ミシガン,ブルームフィールドヒルズ
フィンランド生れのアメリカ建築家。 1893~97年ヘルシンキで絵画と建築を学び,96年 H.ゲゼリウスおよび A.リンドグレンとともに建築実務を開始。 99~1900年のパリ万国博覧会におけるフィンランド館の設計により名声を確立。 02年ヘルシンキ国立美術館,04年当時の折衷主義建築の典型であるヘルシンキ鉄道駅 (1905~14) を設計。 22年シカゴ・トリビューン社の社屋懸賞設計で2位に当選したのを機会に渡米し,27年クランブルック少年学校,34年クランブルック美術アカデミー (ともにブルームフィールドヒルズ) を建造した。このほか息子エーロとの共同制作による作品も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サーリネン

フィンランド出身の米国の建築家。1900年パリ万国博覧会フィンランド館の設計で認められ,ヘルシンキ駅や多くの都市計画を手がけた。シカゴ・トリビューン社屋設計競技入賞を機に,1923年渡米し永住

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

サーリネン【Eero Saarinen】

1910~1961) アメリカの建築家。フィンランド生まれ。躍動感のある造形など、二〇世紀後半の建築に影響を与えた。代表作に MIT 講堂、ケネディ空港 TWA ターミナル-ビルなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サーリネンの関連キーワードゴットリーブ・エリエル サーリネンケビン・R. ローチチューリップチェアE. サーリネンミールツィーナーシーザー ペリサーリネン父子セントルイスベンチューリシャメイエフ8月20日コロンバス北欧美術機能主義イームズローチMIT代表作椅子ペリ