コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーリネン サーリネン Saarinen, Eero

4件 の用語解説(サーリネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーリネン
サーリネン
Saarinen, Eero

[生]1910.8.20. キルクコヌンミ
[没]1961.9.1. ミシガンアナーバー
フィンランド生れのアメリカの建築家。エリエル・サーリネンの息子。 1929年パリで彫刻を,30~34年エール大学で建築を学び,37~50年父とともに働いた。独立後は折衷主義的な傾向を示し,建物の機能に合わせて手法を選ぶ柔軟な姿勢でのぞんだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サーリネン
サーリネン
Saarinen, Eliel

[生]1873.8.20. ランタサルミ
[没]1950.7.1. ミシガン,ブルームフィールドヒルズ
フィンランド生れのアメリカの建築家。 1893~97年ヘルシンキで絵画と建築を学び,96年 H.ゲゼリウスおよび A.リンドグレンとともに建築実務を開始。 99~1900年のパリ万国博覧会におけるフィンランド館の設計により名声を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サーリネン

フィンランド出身の米国の建築家。1900年パリ万国博覧会フィンランド館の設計で認められ,ヘルシンキ駅や多くの都市計画を手がけた。シカゴ・トリビューン社屋設計競技入賞を機に,1923年渡米し永住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

サーリネン【Eero Saarinen】

1910~1961) アメリカの建築家。フィンランド生まれ。躍動感のある造形など、二〇世紀後半の建築に影響を与えた。代表作に MIT 講堂、ケネディ空港 TWA ターミナル-ビルなどがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーリネンの関連キーワード御覧なさるテンタサンユニバーサルミーリングマシンアガールプルミエクール・ミックス・8・ボックスナルミヤ・インターナショナルカードルミネ有楽町店ランタン炭オフサルミック構造サーリネン父子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーリネンの関連情報