コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザクロソウ Mollugo stricta L.

2件 の用語解説(ザクロソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ザクロソウ【Mollugo stricta L.】

人里の畑地や路傍に普通な,ザクロソウ科の夏緑一年生雑草イラスト)。朝鮮,中国,マレーシアインドなどアジアの温帯~熱帯に広く分布し,日本では本州~九州に産する。全体に無毛。茎は褐色をおび,繊細でよく分枝し,高さ10~20cm。光沢のある倒披針形の葉が3~5枚輪生する。7~10月にかけ,黄褐色の細かい花が,枝先に花序をなして多数つき,果実は球形の蒴果(さくか)となる。葉や果実のようすが,ザクロをほうふつとさせるところからザクロソウという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザクロソウ
ざくろそう / 石榴草
[学]Mollugo stricta L.

ザクロソウ科の一年草。全草無毛。高さ10~30センチメートル。茎は細く稜(りょう)があり褐緑色、著しく枝分れして斜上または散開する。葉は倒披針(とうひしん)形で長さ1.6~4.5センチメートル、下方のものは3~5枚が輪生し、上方のものはやや小形で、対生するものもある。7~10月、まばらな集散花序をつけ、黄緑色花を開く。包葉は小さく、膜質、花被片(かひへん)は5枚で楕円(だえん)形、長さ1.8ミリメートル、雄しべは3~5本。(さくか)は球形で径約2ミリメートル、種子は径約0.5ミリメートルで微細な点状の突起がある。本州から九州、および朝鮮半島、中国、マレー、インドに分布する。名は、葉がザクロに似ることによる。同属の植物で南アメリカ原産の帰化種であるクルマバザクロソウM. verticillata L.は、葉が4~7枚輪生する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザクロソウの関連キーワード赤詰草小蜜柑草石榴草畑地風露草松葉菊クロソイドカーブ立壺菫ザクロ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザクロソウの関連情報