コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザトウクジラ Megaptera novaeangliae; humpback whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザトウクジラ
Megaptera novaeangliae; humpback whale

クジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科ザトウクジラ属。体長 11~16m。体重は約 35tに達する。出生体長は 4.5~5m。体色は背部が黒色,腹部は部分的に白色を呈する。体型は太い紡錘形で,胴周が大きくずんぐりとしている。噴気孔は2個で,噴気は高さ3~5mで太く,まれにV字状を呈し,小刻みな噴気を上げることもある。頭部は長く幅がありややとがる。上顎と下顎に人間のこぶし大の円形突起が列をなしており,突起にはそれぞれ感覚毛が1本生える。胸鰭 (むなびれ) は大きく,長さは体長の約3分の1に達し,前縁に不規則な円形突起を有する。背鰭は体の後方3分の2に位置し,比較的小さく先端は鉤 (かぎ) 状で垂れる。背部は背鰭を中心に隆起し,背鰭後方から尾鰭にかけて波打った隆起線がある。尾鰭後縁にぎざぎざの切れ込みがある。尾鰭の裏側は色調や模様が変異に富んでおり個体識別に利用される。畝 (うね) は幅約 15cmで 14~35本あり,臍 (へそ) まで達する。くじらひげは口内の上顎上面に片側で 270~400枚あり,長さは 80cm未満。板状部は黒色,繊毛部は粗く,琥珀色やこげ茶色を呈する。通常1~3頭で行動するが,索餌場ではより大きな群れをなす。潜水時間は 15~20分。水面にとび上がったり,胸鰭や尾鰭で水面をたたいたりする。繁殖場では鳴音による交信を行う。おもに浮遊性甲殻類やニシン等の群集性小型魚類を捕食する。旋回しながらみずからが出した噴気の小さい泡で魚群を取囲み捕食するほか,口を開き突進し飲み込んで捕食する。繁殖時には熱帯海域へ,索餌時には両半球の極および亜極海域へ回遊する。最も高度回遊する種で外洋域を回遊し移動する。絶滅危惧種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ザトウクジラ

クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。体長は普通13m,雌が大きく最大で18mくらい。胸びれは長く,背面は黒色で,腹面は白い。世界の海洋に分布し,オキアミなど浮遊性の小甲殻類や魚を食べる。
→関連項目クジラ(鯨)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザトウクジラ
ざとうくじら / 座頭鯨
humpback whale
[学]Megaptera novaeangliae

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目ナガスクジラ科に属するヒゲクジラ。体はずんぐりした紡錘形で、昔、座頭とよばれた盲目の法師が演奏した琵琶(びわ)に形が似ているのでこの名がついたとされる。両顎(りょうがく)唇部にこぶし大のこぶが多数並んでおり、下顎先端下部に大きな突出がある。胸びれは長く、体長の3分の1くらいあり、その前縁は凸凹している。14~35本の幅広い畝(うね)が胸腹部に存在する。背びれは小さく三角形をなし、尾びれの後縁にも凸凹がみられる。上顎口中には黒色のくじらひげが片側270~400枚櫛(くし)状に並び、動物プランクトンや群集性魚類を漉(こ)して食べる。背部は黒色、胸腹部には種々の広がりの白色斑(はん)が存在する。世界の海洋に分布し、繁殖は冬期亜熱帯のバンク上で行われ、夏には索餌(さくじ)のために高緯度海域に回遊する。本種は国際捕鯨取締条約によって商業的捕獲が禁止されており、最近では資源の回復が世界の各地から報告されている。[西脇昌治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ザトウクジラの関連キーワードセント・ビンセント・グレナディーンズマウイオーシャンセンター慶良間諸島海域公園地区ニンガルー慶良間諸島国立公園ポール ウィンター世界のおもな水族館ロアンゴ国立公園ニンガルーリーフモヘリ海洋公園キラウエア灯台フロポエビーチサントマリー岬宮地武右衛門コーラルベイ座間味(村)国際捕鯨条約ハービーベイマカプウ岬シャーク湾

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザトウクジラの関連情報