コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザトウクジラ ザトウクジラ Megaptera novaeangliae; humpback whale

3件 の用語解説(ザトウクジラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザトウクジラ
ザトウクジラ
Megaptera novaeangliae; humpback whale

クジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラザトウクジラ属。体長 11~16m。体重は約 35tに達する。出生体長は 4.5~5m。体色は背部が黒色,腹部は部分的に白色を呈する。体型は太い紡錘形で,胴周が大きくずんぐりとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ザトウクジラ

クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。体長は普通13m,雌が大きく最大で18mくらい。胸びれは長く,背面は黒色で,腹面は白い。世界の海洋に分布し,オキアミなど浮遊性の小甲殻類や魚を食べる。
→関連項目クジラ(鯨)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザトウクジラ
ざとうくじら / 座頭鯨
humpback whale
[学]Megaptera novaeangliae

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目ナガスクジラ科に属するヒゲクジラ。体はずんぐりした紡錘形で、昔、座頭とよばれた盲目の法師が演奏した琵琶(びわ)に形が似ているのでこの名がついたとされる。両顎(りょうがく)唇部にこぶし大のこぶが多数並んでおり、下顎先端下部に大きな突出がある。胸びれは長く、体長の3分の1くらいあり、その前縁は凸凹している。14~35本の幅広い畝(うね)が胸腹部に存在する。背びれは小さく三角形をなし、尾びれの後縁にも凸凹がみられる。上顎口中には黒色のくじらひげが片側270~400枚櫛(くし)状に並び、動物プランクトンや群集性魚類を漉(こ)して食べる。背部は黒色、胸腹部には種々の広がりの白色斑(はん)が存在する。世界の海洋に分布し、繁殖は冬期亜熱帯のバンク上で行われ、夏には索餌(さくじ)のために高緯度海域に回遊する。本種は国際捕鯨取締条約によって商業的捕獲が禁止されており、最近では資源の回復が世界の各地から報告されている。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザトウクジラの関連キーワードイワシクジラナガスクジラ鰯鯨小鰯鯨克鯨歯鯨鬚鯨長須鯨ヒゲクジラナガスクジラ(長須鯨)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザトウクジラの関連情報