コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザポロージエ ザポロージエ Zaporozhye

4件 の用語解説(ザポロージエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザポロージエ
ザポロージエ
Zaporozhye

1921年までアレクサンドロフスク Aleksandrovsk。ウクライナ南東部,ザポロージエ州の州都。ドネプル川下流部左岸にある河港都市。市の上流にはかつて急流があって航行を妨げていたことから,「早瀬 (ポローグ) のかなた (ザ) の町」を意味する現市名がつけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ザポロージエ

ウクライナドニエプル川左岸の工業都市,河港都市。ウクライナ名はザポリージャZaporizhzhya。1921年までアレクサンドロフスクと称された。ドニエプル工業地帯の一中心で,製鋼・機械・冶金工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ザポロージエ【Zaporozh’e】

ウクライナ南東部,同名州の州都。ドニエプル川沿いにあり,人口89万6600(1991)。1921年まではアレクサンドロフスクAleksandrovskと呼んだ。ザポロージエとは〈早瀬の向こう〉という意味。1550年ころビシネベツキーに率いられたコサックがドニエプル川の中州であるホルティツァに彼らの本営を建設したのが起源で,彼らはザポロージエのコサックと呼ばれた。ザポロージエ・コサックは〈チャイカ(カモメ)〉と呼ばれるカヌーでドニエプル川を下り,黒海沿岸のクリム・ハーン国オスマントルコの港町を襲撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザポロージエ
ざぽろーじえ
Запорожье Zaporozh'e

ウクライナの重工業都市。1921年までアレクサンドロフスクАлександровск/Aleksandrovskとよばれた。ドニエプル川中流左岸に市の主要部があり、河港もある。人口81万5000(2001)。市の起源は1770年に建設されたアレクサンドロフスク要塞(ようさい)である。のちにドニエプル・コサックの軍団司令部が置かれた。1806年に郡役所所在地となり、交易でにぎわった。重工業化の進展はソ連の第一次五か年計画(1928~32)時代、ドニエプル発電所建設に負うところが多い。市の大企業には「ザポロジスターリ」(鉄鋼)、「ドニエプロスペツスターリ」(特殊鋼)、「アフトザズ」(1500~1600ccの小型乗用車タブリア・ノバ、1200ccの小型乗用車スラブタなどを製造)があるほか、変圧器、発動機、コークス化学などの工場がある。南ウクライナの学芸中心地でもあり、機械工学、教育、冶金(やきん)などの研究教育施設、グリンカ記念音楽堂、多くの劇場、郷土博物館、サーカス団、交響楽団などが置かれている。川中のホルチツァ島には保養所、休息の家、キャンプ場などの施設が多い。都市計画の基本は河岸のダムサイトの公園から緩く下る大通りを軸にしており、対岸にも新市街や新しい住宅団地が広がっている。[渡辺一夫・上野俊彦]

ドニエプル発電所

「ドニエプロゲス」が正式名称である。1927~32年にわたって、ザポロージエの西端付近から対岸に向かってアーチ式の堰堤(えんてい)(長さ760メートル、高さ60メートル)を建設し、65.3万キロワットの発電能力をもつ発電所を設けた。左岸(市街側)に3室からなる閘門(こうもん)を設置して船舶が航行できるようにした。建設当時はヨーロッパ最大の発電所であり、レーニンの電化計画であるロシア電化委員会ゴエルロГОЭЛРО/GOELRO(1920~31)の成果として知られた。1969~1980年に「ドニエプロゲス第二」発電所が左岸側に建設され、これは82.8万キロワットの発電能力をもっている。[渡辺一夫・上野俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザポロージエの関連キーワードハリコフドニエプロペトロフスクДніпропетровськЗапоріжжяДніпродзержинськХерсонМиколаївРівнеスーミゴメリ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone