コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザミャーチン Zamyatin, Evgenii Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザミャーチン
Zamyatin, Evgenii Ivanovich

[生]1884.2.1. タンボフ
[没]1937.3.10. パリ
ロシアの小説家ペテルブルグの理工科学校の造船学科卒業。地方生活の貧しさや軍隊生活を風刺した『ある地方の物語』 Uezdnoe (1913) ,『地のはてにて』 Na kulichkakh (14) などの作品を書いたあと,1916年に造船技師としてイギリスに派遣され,砕氷船『アレクサンドル・ネフスキー』号 (のちの『レーニン』号) の建造にあたり,ロシア革命後に帰国。機械化された文明社会に対する風刺を試みた『島の人々』 Ostrovityane (18) をはじめ,大胆な実験的技法で革命直後の社会の状況を表現した作品を相次いで発表した。代表作『われら』 My (24) は,共産主義体制への公然たる攻撃として出版不許可となった。のちチェコスロバキアでロシア語版を出版し,そのため彼は反革命の烙印を押されて亡命したが,今なおこの作品の文学的価値は失われていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ザミャーチン(Evgeniy Ivanovich Zamyatin)

[1884~1937]ロシア・ソ連の作家。長編「われら」で管理社会を批判し、アンチ‐ユートピア文学と称された。のちに反ソ的として攻撃されフランスへ亡命、パリで客死した。他に「島の人々」「洪水」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ザミャーチン

ロシアの小説家。十月革命前,グロテスク手法の風刺的作品で認められ,革命後は《洞窟》や,1924年に国外で出版したアンチ・ユートピア小説《われら》で共産主義的ユートピアを批判。
→関連項目SF

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザミャーチン【Evgenii Ivanovich Zamyatin】

1884‐1937
ロシアの作家。早くから革命運動に加わり,追放・流刑の生活を送ったが,粗野な地方生活を色彩豊かなスカースskaz(語り)の文体を駆使して風刺した《郡部の物語》(1913)を発表,ネオ・リアリズム派の作家として注目を浴びた。造船技師としてイギリスに派遣され,その体験をもとにブルジョア文明批判の小説《島の人々》(1918)を書いた。十月革命後,ゴーリキー,ブロークらとともに精力的な創作・評論活動を行うかたわら,若手作家の育成につとめ,〈セラピオン兄弟〉グループに強い感化を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ザミャーチン【Evgenii Ivanovich Zamyatin】

1884~1937) ロシアの小説家。ロシア革命後迫害され亡命、パリで没。反ユートピア小説として名高い「われら」は、ソ連では禁書だった。他に「島の人々」「洪水」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザミャーチン
ざみゃーちん
Евгений Иванович Замятин Evgeniy Ivanovich Zamyatin
(1884―1937)

ロシアの小説家。ペテルブルグ理工科学校造船学科に在学中から社会民主党員として革命運動に加わり、一時流刑に処せられた。1908年から雑誌に作品を発表しはじめ、中編『ある地方の物語』(1912)、『地の果てで』(1914)では、地方の生活をグロテスクな話体で描いた。15年に砕氷艦建造のためイギリスに派遣されるが、革命勃発(ぼっぱつ)を知り17年秋に帰国、そのころから本領を発揮しだす。イギリス紳士の偽善を痛烈に暴いた中編『島の人々』『人間狩り』(ともに1918)は、ゴーゴリ、レスコーフの伝統を受け継ぎ、ベールイ、レーミゾフの影響を受けた、律動的・交響的でグロテスクな「語り」の文体(いわゆるオーナメンタリズム)を明確にした。『竜(りゅう)』(1918)、『ママイ』『洞窟(どうくつ)』(ともに1920)、『洪水』(1929)などの作品は、ファンタジーを通じて、それによりかえってよりリアルに革命直後の都市市民の日常生活を描き出している。政治宣伝を排し、芸術の自律を目ざした作家グループ「セラピオン兄弟」の領袖(りょうしゅう)として、若い作家を鼓舞、育成する役割も果たした。アンチ・ユートピア小説『われら』(1920執筆、1924英訳)は合理主義の行き着く果ての全体主義社会を予測した。スターリニズム体制の強まりゆくなかでしだいに仕事がしにくくなり、ことに29年『われら』のチェコ語訳からのロシア語訳がプラハで出版されたため、激しい非難にさらされ32年パリに亡命した。なお戯曲や評論にも優れた作品がある。[小平 武]
『小笠原豊樹訳「われら」(『世界の文学4 ザミャーチン/ブルガーコフ』所収・1977・集英社) ▽川端香男里訳「洞窟」(『現代ロシア幻想小説』所収・1971・白水社) ▽水野忠夫訳「島の人々」(『現代ソヴェト文学18人集1』所収・1967・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のザミャーチンの言及

【ユートピア】より

… 第2には,反ユートピア(ディストピア)論の登場である。J.ロンドン《鉄のかかと》(1907),E.I.ザミャーチン《われら》(1924),A.L.ハクスリー《すばらしい新世界》(1932),G.オーウェル《1984年》(1949)などの代表例が挙げられる。これらは,理想国家として建設されたはずのユートピアが,かえってその強大な支配力によって人間を不自由化する,というモティーフにもとづいており,社会主義計画経済やケインズ主義政策などの定着の反面であらわになった矛盾に,敏感に反応した文学的表現といえる。…

※「ザミャーチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザミャーチンの関連キーワードザミャーチィンカベーリンレーミゾフハクスリーオーウェル2月1日禁書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android