コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シイラ シイラCoryphaena hippurus; common dolphinfish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シイラ
Coryphaena hippurus; common dolphinfish

スズキ目シイラ科の海水魚。全長 2.1m。体は強く側扁し,前額部は隆起する。背鰭は基底が長く,背部の全長にわたる。体の背面は緑褐色,腹面は黄褐色で,体側と背面には小黒点が散在する。本州中部以南,世界中の暖海の表層に生息する。近縁種エビスシイラ C. equiselis は全長 1.2mで,体の背縁と腹縁の形で本種と区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シイラ

シイラ科の魚。地方名トオヤク,マンビキマンサクなど。全長1.8mに達する。背面は褐色みを帯びた青緑色,腹面は黄褐色。体側と背面には小黒斑が散在する。前額部は隆起し,ことに老成した雄で著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

シイラ

 [Coryphaena hippurus].スズキ目シイラ科の海産魚で食用にする.体長2mにもなる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シイラ
しいら /
common dolphinfish
[学]Coryphaena hippurus

硬骨魚綱スズキ目シイラ科に属する海水魚。別名マンビキ。地方によりクマビキ、トウヤクなどとよぶ。皮膚が堅く、よく側扁(そくへん)して薄身であることが粃(しいな)(十分に実らない籾(もみ))に似ていることから、シイラの名が生まれたという。背びれの基底が長く、目の背方から始まって尾柄(びへい)に終わること、尾びれが深く切れ込むこと、成熟した雄では前頭部の背縁が著しく隆起することなどが特徴。全長2.1メートル、40キログラム前後になる。近似種に全長約90センチメートルのエビスシイラCoryphaena equiselisがある。シイラよりも体が高くて、丸く、より沖合いに生息する。漁獲量はシイラより少ない。
 世界中の熱帯から温帯にかけて分布し、おもに外洋にすむ。大きな回遊をし、水温18℃になる春に日本近海へ来遊する。潮目付近で小さな群れを組む。また海面を漂う木材、舟、海藻などの固形物につく習性がある。肉食性で、幼魚は流れ藻につく魚類やエビ類、イカ類などの幼・稚魚を、体長約40センチメートル以上の個体はカタクチイワシ、マイワシ、トビウオ類などの中型魚類をよく食べる。摂餌は日中よりも、早朝のほうが活発である。産卵期は熱帯では長いが、日本近海では春から夏に限られる。全長75センチメートル前後に成長したころから成熟する。卵は分離浮性で球形をし、直径1.4ミリメートル前後。受精後2日余りで孵化(ふか)し、4日目に卵黄を吸収する。ふ化仔魚(しぎょ)は全長4ミリメートルたらずで、尾柄(びへい)部を除く体側はたくさんの黒色素胞(こくしきそほう)で被われる。全長約13ミリメートルくらいになると体側に13本ほどの横帯があらわれる。日本の沖合いでは稚仔魚は7、8月ごろに多い。
 日本では1万トン前後の漁獲があり、太平洋の南部と山陰の沖合いに多い。漁期は5月から11月にわたる。タケを組み合わせた漬(つけ)木を沖合いに浮かべ、これに集まったシイラを釣りまたは網によって漁獲する。これをシイラ漬漁法といい、シイラが物陰に集まる習性を利用したものである。ほかに巻網、定置網、巾着網などによる漁獲量は多い。新鮮な刺身は美味であり、酢じょうゆで食べる。干物にもする。ハワイではマヒマヒとよばれ、ソテーやフライにする。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シイラの関連情報