シェード

大辞林 第三版の解説

シェード【shade】

日よけ。電車の窓の日よけの布や、店舗の折りたたみ式のひさしなど。
電灯や電気スタンドのかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シェード

〘名〙 (shade)
① 日よけ。日覆。
② 鉄道の客車の窓についている、巻き上げ式の日よけのカーテン。ブラインド
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「あたふたと立上って自分の後ろのシェードを下ろして」
③ 店舗の店先に用いる、折りたたみ自在のひさし。
電気スタンドなどの、円筒型のかさ。ランプシェード
※大道無門(1926)〈里見弴〉隠家「緑色の傘(シェード)の下で純(あつし)は何やらペンを動かしてゐたが」
⑤ 光線よけの透明な色付きひさしのついた帽子。
※銀座八丁(1934)〈武田麟太郎〉「光線除けの青いシェードを額につけたまま」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェードの関連情報