コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエンフエゴス シエンフエゴスCienfuegos

4件 の用語解説(シエンフエゴスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シエンフエゴス
シエンフエゴス
Cienfuegos

キューバ中西部の都市。首都ハバナの南東約 230km,カリブ海の遮蔽されたシエンフエゴス湾に臨む港湾都市。 1494年コロンブスが訪れたが,スペイン人が定住するようになったのは 1738年以降で,1745年には海賊に備えて湾口に要塞が築かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シエンフエゴス

キューバ中南部の港湾都市。カリブ海に臨む天然の良港で,砂糖の輸出港,漁港として知られる一方,軍港でもあり,工業化が進んでいる。16世紀初めに創設。14万7000人(2012)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シエンフエゴス【Cienfuegos】

キューバの中央南部にある港湾都市で同名州の州都。人口13万2038(1994)。19世紀初めに建設された比較的新しい土地で,カリブ海に面したハグア湾(シエンフエゴス湾)と呼ばれる細長い湾の奥に位置し,天然の良港をもっている。砂糖の輸出港や漁港として有名であるが,軍港として軍事的にも重要な港とみなされている。【加茂 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シエンフエゴス
しえんふえごす
Cienfuegos

西インド諸島、キューバ中央部南岸に位置する港湾都市。シエンフエゴス州の州都。人口15万8384(1999)。カリブ海に面し、町の大部分はハグア湾に突き出た半島に広がる。18世紀なかばにスペイン式の砦(とりで)が築かれ、1830年代に都市が建設された。現在は粗糖をはじめコーヒー、タバコ、皮革などの積出し港として知られ、関連産業が立地する工業地域でもある。1979年に日本企業による火力発電プラントが完成した。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シエンフエゴスの関連情報