コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオカラトンボ シオカラトンボ Orthetrum albistylum

3件 の用語解説(シオカラトンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオカラトンボ
シオカラトンボ
Orthetrum albistylum

トンボ目トンボ科。体長 48mm内外。最も普通にみられるトンボで,雌をムギワラトンボ,雄が成熟して腹背に白粉を帯びたものをシオカラトンボというが,雌にもまれに白粉をもつ個体がある。体色は,雌および未熟の雄は黄褐色地に黒色斑をもつが,雄は成熟すると黒化し,腹背に白粉を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シオカラトンボ

トンボ目トンボ科の昆虫の1種。体長50mm内外,雌と未熟な雄は鮮黄色,腹背に2黒条があり,ムギワラトンボと俗称されるが,老熟した雄は白粉で鉛白色になり,シオカラトンボといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオカラトンボ
しおからとんぼ / 塩辛蜻蛉
[学]Orthetrum albistylum speciosum

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。日本の平地産のもっとも普通なトンボで、北海道から南西諸島の南端まで広く分布する。中国、台湾にも分布するが、それより南方地域やシベリアには産せず、西方では中央アジアより南ヨーロッパにかけて、より小形の原亜種が知られる。雌を体色からムギワラトンボと称するが、雄の未熟個体も麦藁(むぎわら)色で、成熟によって黒化し白粉を生ずるものである。
 幼虫は浅い水たまりに育ち、肢(あし)が短く、体表に剛毛を生じている。成熟した雄のトンボは水辺にきて一定の位置に静止し、一定の範囲の水面に縄張り(テリトリー)と考えられる空間を設定し、そこに飛来する雌と交尾し、雌の産卵行動を守る。7日間も同一の縄張りを守った例も観察されている。寿命は長くても30日くらいまでと考えられている。成虫は4月ごろから9月ごろまで出現している。1年1世代と思われるが、暖地では2世代にわたることもある。同属の種類は世界で50種くらい知られ、とくにアフリカに多い。南北アメリカにはこの属のものは産しない。日本では同属のトンボにはシオヤトンボ、オオシオカラトンボ、ミヤジマトンボ、ハラボソトンボ、ホソミシオカラトンボ、コフキショウジョウトンボなどがあり、オオシオカラトンボは夏季に現れ、日本、中国からヒマラヤ地方まで分布する。最後の3種は南西諸島産の南方種である。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シオカラトンボの関連キーワード青糸蜻蛉黄蜻蛉早苗蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉糸蜻蛉川蜻蛉ヒヌマイトトンボミヤジマトンボイトトンボ(糸蜻蛉)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シオカラトンボの関連情報