コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シギウナギ Nemichthys scolopaceus; slender snipe eel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シギウナギ
Nemichthys scolopaceus; slender snipe eel

ウナギ目シギウナギ科の魚。深海魚の1種。全長 1.4mに達する。体は側扁し著しく細長い。両顎も著しく長く,上顎上方へ,下顎下方へ湾曲する。体の背面は淡黄褐色か淡褐色で,側面,腹面黒褐色である。日本,太平洋北大西洋地中海インド洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シギウナギ【slender snipe eel】

ウナギ目シギウナギ科の海産魚イラスト)。太平洋,大西洋,インド洋の温帯から熱帯にかけての深海に広く分布しているものと思われる。体は著しく細長く,側扁していて,尾部は糸状にのびている。眼は大きい。上下両あごは長く,それぞれ背腹に反っていて,それらの先端部はかなり離れている場合が多い。上後頭骨がないことも大きな特徴。腹びれはなく,肛門胸びれの腹側に開く。全長およそ140cm。日中は中層ないし底層を遊泳し,夜間は表層まで浮上してくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シギウナギ
しぎうなぎ / 鴫鰻
slender snipe eel
[学]Nemichthys scolopaceus

硬骨魚綱ウナギ目シギウナギ科に属する海水魚。厚岸(あっけし)湾、相模(さがみ)湾、駿河(するが)湾、熊野灘(くまのなだ)、高知沖などから採集されているが、ほとんど全世界の温帯から熱帯海域にわたって分布する。体は側扁(そくへん)して著しく細長く、尾部は糸状に延長する。上下両顎(りょうがく)は長く、上顎は上方へ、下顎は下方へ湾曲する。脊椎(せきつい)骨数は約450~500個。全長約1.4メートル。海底から離れて遊泳生活をするらしく、昼間は300~2000メートル層で生息し、夜間は100メートル以浅に上昇することもある。おもにエビ類を捕食。機船底引網や中層トロール網にまれに入る。静岡市の三保(みほ)海岸では、ときに生きたまま打ち上げられることがある。[浅野博利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シギウナギの関連キーワード鴫鰻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android