コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シギウナギ シギウナギ Nemichthys scolopaceus; slender snipe eel

3件 の用語解説(シギウナギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シギウナギ
シギウナギ
Nemichthys scolopaceus; slender snipe eel

ウナギ目シギウナギ科の魚。深海魚の1種。全長 1.4mに達する。体は側扁し著しく細長い。両顎も著しく長く,上顎は上方へ,下顎は下方へ湾曲する。体の背面は淡黄褐色か淡褐色で,側面,腹面は黒褐色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シギウナギ【slender snipe eel】

ウナギ目シギウナギ科の海産魚(イラスト)。太平洋大西洋インド洋の温帯から熱帯にかけての深海に広く分布しているものと思われる。体は著しく細長く,側扁していて,尾部は糸状にのびている。眼は大きい。上下両あごは長く,それぞれ背腹に反っていて,それらの先端部はかなり離れている場合が多い。上後頭骨がないことも大きな特徴。腹びれはなく,肛門は胸びれの腹側に開く。全長およそ140cm。日中は中層ないし底層を遊泳し,夜間は表層まで浮上してくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シギウナギ
しぎうなぎ / 鴫鰻
slender snipe eel
[学]Nemichthys scolopaceus

硬骨魚綱ウナギ目シギウナギ科に属する海水魚。厚岸(あっけし)湾、相模(さがみ)湾、駿河(するが)湾、熊野灘(くまのなだ)、高知沖などから採集されているが、ほとんど全世界の温帯から熱帯海域にわたって分布する。体は側扁(そくへん)して著しく細長く、尾部は糸状に延長する。上下両顎(りょうがく)は長く、上顎は上方へ、下顎は下方へ湾曲する。脊椎(せきつい)骨数は約450~500個。全長約1.4メートル。海底から離れて遊泳生活をするらしく、昼間は300~2000メートル層で生息し、夜間は100メートル以浅に上昇することもある。おもにエビ類を捕食。機船底引網や中層トロール網にまれに入る。静岡市の三保(みほ)海岸では、ときに生きたまま打ち上げられることがある。[浅野博利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シギウナギの関連キーワードデンキウナギヌタウナギ穴子大鰻田鰻沼田鰻針鰻白子鰻メクラウナギ(盲鰻)ヤツメウナギ(八目鰻)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone