コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクロアルカン cycloalkane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクロアルカン
cycloalkane

飽和の環式炭化水素の総称。一般式は CnH2n 。これらのうち炭素原子数3,4のものは合成しにくく,結合角や結合距離にひずみがかかっている。炭素原子数5,6のものはきわめてひずみの少い構造であり,炭素原子数7から 15のものは再びひずみのある構造になっている。安定なものの化学的性質はアルカンによく似ている。立体構造は配座解析によって決定される。 (→張力説 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シクロアルカン
しくろあるかん
cycloalkanes

分子内に1個の環構造をもつ飽和脂環式炭化水素の総称。シクロパラフィンともいい、石油化学の分野ではナフテンとよぶ。シクロアルカンcycloalkaneの名は、飽和炭化水素の総称であるアルカンalkaneに「環」を意味する接頭語のシクロcyclo-をつけてつくった名前である。一般式CnH2nで示され、鎖状のアルケンと異性体である。
 安定性や反応性は環の大きさによって異なる。小環状(3、4員環)化合物は、結合角のひずみによるひずみエネルギーが大きく、かなり不安定であり、開環反応などを受けやすい。正常環(5~7員環)化合物は、ひずみがなく、安定な立体配座をとるのでエネルギー的に安定である。中環状(8~11員環)になると、メチレン基-CH2-の水素が重なったり、環の内側を向いた立体配座をとるようになるので、多少の不安定さを生ずるが、大環状(12員環以上)となるとふたたびエネルギー的に安定となる。中、大環状化合物の合成はかなり困難であり、高度希釈下での環をつくらせる合成法による。[向井利夫・廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシクロアルカンの言及

【脂環式化合物】より

…多重結合を含まない飽和のものも,また多重結合を含む不飽和のものもあるが,どちらもその反応性が芳香族化合物とは著しく異なるので,これと区別される。飽和の単環式のものは,シクロアルカンcycloalkaneあるいはシクロパラフィンcycloparaffin(e),シクロパラフィン系炭化水素といい,石油の分留によって得られる。最も簡単なものは3員環のシクロプロパンC3H6であり,以下シクロブタンC4H8,シクロペンタンC5H10,シクロヘキサンC6H12,……と続く。…

※「シクロアルカン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シクロアルカンの関連キーワードフェニルピラゾール殺虫剤メチルシクロヘキサンシクロプロパンシクロアルキン有機塩素殺虫剤シクロペンタンシクロブタン接触改質法飽和化合物炭化水素基立体配座ひずみケトン鎖状

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android