コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクロヘキサノール シクロヘキサノールcyclohexanol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクロヘキサノール
cyclohexanol

C6H12O で表わされる二級アルコール。フェノールの接触還元,シクロヘキサノンの還元などによってつくられる無色の液体。融点 24℃,沸点 161℃。二級アルコールであるが,直鎖状二級アルコールと違って酸化によって環が開裂してアジピン酸を生じる。また酸化によってシクロヘキサノンを生じるので合成原料として重要。有機溶媒として合成樹脂工業で用いられる。立体構造はイス形が安定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シクロヘキサノールの関連キーワードシクロヘキサノンシクロヘキサンサンタロール合成樹脂工業脱水素反応アルコールフェノールガラス状態アジピン酸配座解析クメン法水素化ケトン酸化

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android