コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトロネラール

世界大百科事典 第2版の解説

シトロネラール【citronellal】

シトロネラ油(スリランカ産のシトロネラソウから得られる香油),ユーカリ油等に存在し,レモン様の香気をもつ,無色または淡黄色の液体。非環式モノテルペンに属するアルデヒドで,不斉炭素原子をもつため,d‐,l‐体およびそのラセミ体が存在する。天然のシトロネラールはd‐,l‐体の混合物である。比重0.85,沸点206℃,引火点77℃。水に難溶,アルコール,エーテルに可溶。空気,日光,アルカリに不安定で,容易に閉環反応を起こしてイソプレゴールまたはそのエステルとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトロネラール
しとろねらーる
citronellal

鎖状セスキテルペンアルデヒドの一つ。シトロネラールには1個の不斉炭素原子があるため、右旋性(d体)、左旋性(l体)および不活性(dl体、ラセミ体)の光学異性体がある。シトロネラ油中には30~40%のシトロネラールがあり、それはd-シトロネラール80%、dl-シトロネラール20%の混合物である。引火点77℃。特有の香気をもつ淡黄色の液体で、アルカリにより樹脂化しやすく、酸により環化してイソプレコールになりやすい。せっけん香料、合成l-メントール、ヒドロキシシトロネラールの合成原料として重要である。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シトロネラールの関連キーワードシトロネラール(データノート)その他の身近な山野草シトロネロールシトロネラソウゲラニオールコウスイガヤ貨幣状湿疹テレビン油サンショウ防臭剤ピネン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android