コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトロネラール

3件 の用語解説(シトロネラールの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

シトロネラール

 シトロネラ油主成分.香料として使われる食品添加物

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シトロネラール【citronellal】

シトロネラ油(スリランカ産のシトロネラソウから得られる香油),ユーカリ油等に存在し,レモン様の香気をもつ,無色または淡黄色の液体。非環式モノテルペンに属するアルデヒドで,不斉炭素原子をもつため,d‐,l‐体およびそのラセミ体が存在する。天然のシトロネラールはd‐,l‐体の混合物である。比重0.85,沸点206℃,引火点77℃。水に難溶,アルコールエーテルに可溶。空気,日光,アルカリ不安定で,容易に閉環反応を起こしてイソプレゴールまたはそのエステルとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトロネラール
しとろねらーる
citronellal

鎖状セスキテルペンアルデヒドの一つ。シトロネラールには1個の不斉炭素原子があるため、右旋性(d体)、左旋性(l体)および不活性(dl体、ラセミ体)の光学異性体がある。シトロネラ油中には30~40%のシトロネラールがあり、それはd-シトロネラール80%、dl-シトロネラール20%の混合物である。引火点77℃。特有の香気をもつ淡黄色の液体で、アルカリにより樹脂化しやすく、酸により環化してイソプレコールになりやすい。せっけん香料、合成l-メントール、ヒドロキシシトロネラールの合成原料として重要である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シトロネラールの関連キーワードアウストロネシア語族オーストロネシア語族シトロネロールパトロネージいろねルトロネ修道院サッポロ ネクターカクテル とろとろピーチ酢酸シトロネリルヒドロキシシトロネラールネラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シトロネラールの関連情報