コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シネマ・ベリテ cinéma vérité

翻訳|cinéma vérité

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シネマ・ベリテ
cinéma vérité

1960年前後に輩出したフランスのドキュメンタリー映画の傾向をさす。「映画の真実」という意味だが,D.ベルトフの「キノ・プラウダ」を仏語訳して使用。インタビュー形式を多く用いている。以後,手持ちカメラ,同時録音,即興的撮影,素朴な編集という飾りけのないドキュメンタリー映画のスタイル全般をさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シネマ・ベリテ
しねまべりて
cinma-vritフランス語

ロシア語の「映画の真実(キノプラウダ)」をフランス語にいいかえたことば。1960年前後に輩出したフランスのドキュメンタリー映画の傾向をさすのに使われた。[岩本憲児]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シネマ・ベリテの関連キーワードフランス映画カサベテス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android