コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビウ シビウSibiu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シビウ
Sibiu

ドイツ語ではヘルマンシュタット Hermannstadtハンガリー語ではナジセベン Nagyszebenルーマニア中部,シビウ県 (面積 5422km2。人口 45万 2800〈1992推計〉) の県都。オルト川に沿って南カルパート山脈を越えるトゥルヌロシュ渓谷の北に位置する。ローマの属領ダキアの植民都市として建設され,12世紀にはザクセン人が移住,14世紀にはドイツ系住民の行政,商業の中心地として繁栄した。当時の城壁,ルター派の聖堂などが残る。第2次世界大戦後ルーマニア領となった。機械,繊維,印刷,化学,皮革などの工業が行われ,ブカレストブラショブ,アラドなどと鉄道,道路で結ばれる。 18世紀のバロック様式の宮殿に設けられたブルケンタール美術館はトランシルバニア地方最大の絵画,図書のコレクションを蔵する。国立劇場や宗教改革期に創設された中等学校,クルージ大学の分校もあり,文教の一中心となっている。人口 16万 9696 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シビウ(Sibiu)

ルーマニア中央部の都市。ドイツ語名ヘルマンシュタット。トランシルバニア地方南部に位置する。12世紀末、ドイツのザクセン地方からの移住者により建設され、14世紀から15世紀にかけて、交易や商工業の中心地として発展。19世紀にトランシルバニア公国の首都となった。旧市街には、15世紀から19世紀にかけての商家に囲まれた大広場(ピアッツァマーレ)、ゴシック様式のシビウ大聖堂、オーストリア帝国の総督だったサミュエル=ブルケンタールの邸宅(現在は博物館)がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シビウ【Sibiu】

ルーマニアのトランシルバニア南部の都市。同名県の県都。ドイツ語ではヘルマンシュタットHermannstadt,ハンガリー語ではナジセベンNagyszeben。人口は郊外地を除き,17万1000(1994)。現在は住民の大多数はルーマニア人で,ドイツ人(ザクセン人とよばれた),ハンガリー人等がこれに次いでいる。南方にカルパチ山脈に属するロトゥル,ファガラシュの山脈がそびえ(最高はモルドベアヌル山,2544m),市はその山麓に連なる丘陵地帯に位置し,オルト川の支流チビン川に沿っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シビウ
しびう
Sibiu

ルーマニア中央部、シビウ県の県都。ドイツ名ヘルマンシュタットHermannstadt。トランシルバニア地方の南端にあり、オルト渓谷の北に位置する。人口15万5045(2002)。機械、金属、繊維、皮革、食品の各工業が発達している。紀元前にローマの植民地として要塞(ようさい)が築かれた。12世紀のドイツ人の植民により、交易、政治、文化の中心地として発展した。1989年のチャウシェスク社会主義政権崩壊後、ドイツ人は減少し、ルーマニア人が多数を占めるようになった。グリビツァ要塞塔、ブルケンタール博物館、国立劇場などがあり、中世のおもかげを残す文化都市である。[佐々田誠之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シビウの関連キーワードトランシルバニア地方の要塞教会群のある村ヘルマン・J. オーベルトドゥンブラバの森パルティニシュメディアシュオーベルトロボットラザル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シビウの関連情報