コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマドジョウ(縞鰌) シマドジョウstriped loach

世界大百科事典 第2版の解説

シマドジョウ【シマドジョウ(縞鰌) striped loach】

コイ目ドジョウ科の淡水魚。ムギナ(岐阜県),スナサビスナハビ(栃木県)などの地方名がある。日本特産種で北海道と九州西部を除くほぼ日本全国に分布。水の澄んだ川や湖の岸近くの浅所の砂,または砂れき底にすむ。よく底に潜る習性がある。産卵期は4~6月。形はドジョウに似るが,ドジョウよりも一般に小さく全長5~12cm。口ひげは6本。体側に黒い斑点が1縦列に並び,その上方や背びれ,尾びれなどにも不規則な黒斑がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシマドジョウ(縞鰌)の言及

【ドジョウ(鰌∥泥鰌)】より


[ドジョウ科]
 日本にはドジョウ科(Cobitididae)の魚は6属10種・亜種が分布する。これらは眼の下縁にとげをもつシマドジョウCobitisアジメドジョウNiwaellaアユモドキLeptobotiaともたないドジョウ属Misgurnus,フクドジョウ属Barbatulaおよびホトケドジョウ属Lefuaとに大別される。フクドジョウ属のフクドジョウB.toniは日本では北海道のみに産し,北海道の人々は単にドジョウといい,ふつうのドジョウをナイチドジョウ(内地鰌)と呼んで区別している。…

※「シマドジョウ(縞鰌)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報