シャクナゲ(石南花)(読み)シャクナゲ(英語表記)Rhododendron metternichii var. hondoense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャクナゲ(石南花)
シャクナゲ
Rhododendron metternichii var. hondoense

ツツジ科の常緑低木で,ホンシャクナゲとも呼ばれる。本州中部以西と四国の深山に生え,よく分枝して高さ 4mに達する。葉は長楕円形で長さ 10~15cm,革質で表面には光沢がある。4~5月頃,短い総状花序を出し,径 5cm内外の紅紫色から白色の花を多数集めて開く。個々の花は横向きに咲き花冠は漏斗形で7裂する。また,本州中部以北に生える近縁種で花冠が5裂するアズマシャクナゲ R. metternichii var. pentamerumをシャクナゲと呼ぶこともある。このほかシャクナゲの類には,本州中部以北の高山に生え黄色の花を咲かせるキバナシャクナゲ R. aureumや,花色が紅色,淡紅色,白色と変異の多いハクサンシャクナゲ (白山石南花) などがあり,ツツジ属のうち,葉が常緑・革質で,花が茎頂に総状に集るこれらの種をシャクナゲと総称する。ヒマラヤ地方にかなりの種類があり,それらの園芸品種も含めてセイヨウシャクナゲと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャクナゲ【シャクナゲ(石南花) Rhododendron】

シャクナゲ類は園芸的にはロードデンドロンとよばれ,ツツジ科ツツジ属Rhododendronの常緑性の低木または小高木をさす。〈ツツジ〉の項目で述べてあるように,ツツジ属の分類からすると,常緑性の種類は系統の異なるいろいろな群に見られ,落葉性のツツジ類との区別ははっきりしない便宜的な扱いである。日本では昔からシャクナゲの名は,シャクナゲ節に属するものにのみの,狭い意味に使われてきた。日本の種類だけを扱っていればそれですむが,外国から多くの種類が入ってくると,バイカツツジ節の常緑性のものや,セイシカ節,ヒカゲツツジ亜属の種類など,園芸的にはシャクナゲの名を広い意味で使わざるをえない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャクナゲ(石南花)の言及

【ツツジ(躑躅)】より

…世界に850種ほどが知られる。 ツツジ属Rhododendronは一般に,落葉性のツツジ類と常緑性のシャクナゲ類に分けられる。しかし日本では昔から,シャクナゲの名はホンシャクナゲの仲間のみに使われ,常緑であってもヒカゲツツジやゲンカイツツジはシャクナゲとは呼ばれなかった。…

※「シャクナゲ(石南花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android