コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャクルトン シャクルトン Shackleton, Sir Ernest Henry

3件 の用語解説(シャクルトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャクルトン
シャクルトン
Shackleton, Sir Ernest Henry

[生]1874.2.15. アイルランドキルデア
[没]1922.1.5. サウスジョージア島
イギリスの探検家。 1901年イギリス王立地理学会の組織した南極探検隊の一員となり,南極に向い,ロス氷原に達したが極地には到達できなかった。 07年みずから探検隊を率いて出発,09年1月南緯 88°23′に到達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャクルトン(Ernest Henry Shackleton)

[1874~1922]英国の探検家。スコットの南極探検隊に参加。のち自ら探検隊を組織し、1909年に当時の最南限地に到達した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャクルトン
しゃくるとん
Sir Ernest Henry Shackleton
(1874―1922)

イギリスの南極探検家。アイルランドのキルキーに生まれ、ダルウィッチ・カレッジに学ぶ。商船に乗務後、海軍予備士官となる。1901~1904年のスコットの率いるディスカバリー号による南極探検隊に参加、スコットおよびウィルソンEdward Wilson(1872―1912)とともに、そりで当時の到達記録となった南緯82度16分33秒に達した。1903年、病気のため一行と別れ帰国。1907~1909年、自ら探検隊を率いてニムロッド号で南極に向かい、1909年1月9日には南極からごくわずかの距離である南緯88度23分まで到達した。このほかエレバス火山(3794メートル)の初登頂、南磁極への到達とその位置(南緯72度25分、東経154度)標定など、多くの成果を得た。
 1914年、第一次世界大戦の勃発(ぼっぱつ)にもかかわらず政府の特別の許可と庇護(ひご)の下に、エンデュランス号で第3回の南極探検に赴き、ウェッデル海―南極―マクマード・サウンドの犬ぞり踏破を企てたが、ウェッデル海で船が氷に破壊され失敗。このとき小艇で1280キロメートル離れたサウス・ジョージア島まで助けを求めに行き、エレファント島に残された全員のチリ海軍による救出に成功した。1921年、エンダービー・ランドの踏査などを目的にクエスト号で南極に向かったが、1922年1月、サウス・ジョージア島沖の同船上で心臓発作のため急死、同島に葬られた。1919年Sirの称号を授けられたほか、王立地理学会から金メダル、各国から多くの賞を贈られている。主著に『Heart of the Antarctic』(1919)、『Diary of a Troopship. South』(1919)がある。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャクルトンの関連キーワードアイルランドアイルランド海エール北アイルランド紛争聖ピーターアイルランド教会セントピーターアイルランド教会アイルランド国立交響楽団アイルランドの子守唄マジカルランドアイルランド[島]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャクルトンの関連情報