コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウィッタース シュウィッタースSchwitters, Kurt

3件 の用語解説(シュウィッタースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウィッタース
シュウィッタース
Schwitters, Kurt

[生]1887.6.20. ハノーバー
[没]1948.1.8. イギリスアンブルサイド
ドイツ美術家。ハノーバーのダダイストとして知られる。 1909~14年ドレスデンアカデミーで学び,伝統的画法を身につけたが W.カンディンスキーと F.マルクの影響を受け,17~18年頃にはキュビスム表現主義の作品を描き,18年には抽象画を描くにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シュウィッタース

ドイツのダダイスト。ハノーファーダダ運動を起こし,雑誌《メルツMERZ》を編集。包装紙や新聞,針金,木片などによる〈メルツ絵画〉を制作,後により大規模な構成作品〈メルツバウ(メルツ建築)〉を提唱し,自宅そのものを作品化していく。
→関連項目ティンゲリーファン・ドゥースブルフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュウィッタース【Kurt Schwitters】

1887‐1948
ドイツの造形作家。ハノーファー生れ。ドレスデンの美術アカデミーに学ぶ。第1次大戦末以来ダダから構成主義へと歩み,廃品や印刷文字を素材にして造形に新機軸を出した。一連の作品をみずから〈メルツMERZ〉(〈コメルツKOMMERZ(商業)〉からの切取り)と呼び,それは詩やコラージュから舞台,建築に及ぶ。それらを集大成したハノーファーの自宅〈メルツバウMerzbau〉(1920)は,音声の構成詩〈原ソナタUrsonate〉とともに代表作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシュウィッタースの言及

【オブジェ】より

…デュシャンは13年以後,量産の日用品を加工も変形もせず作品化する〈レディ・メード〉で,一品制作の手仕事による個性やオリジナリティの表現という,近代芸術の理念にアイロニカルな批判をつきつけ,ピカビアの〈無用な機械〉と名づけた立体や絵画も,機械のメカニズムをとおして人間や芸術を冷笑した。第1次大戦中におこったダダは,これらの実験を総合し,アルプやハウスマンの木片のレリーフ状オブジェや,シュウィッタースのがらくたを寄せ集めた〈メルツMerz〉,エルンストの額縁に入った金庫のようなレリーフ状作品などで知られる。ロシア,オランダの構成主義の,幾何学的構成物も見のがせない。…

【ダダ】より

… 19年ケルンに移ったアルプは,友人のエルンスト,ラインラント共産党を創立した画家・詩人バールゲルトらと,集会,コラージュフロッタージュオブジェ,自動詩による無意識の探求に集中した。ハノーファーのシュウィッタースは単独で,〈メルツ〉とみずから名づけた,がらくたで構成したアッサンブラージュ,オブジェ,音響詩,タポグラフィーの実験をつづけた。パリでは〈黒いユーモア〉の体現者バシェや奇行好きの拳闘家A.クラバンらに刺激され,19年3月反文学的雑誌《文学》を創刊したブルトン,アラゴン,エリュアール,スーポーらが,チューリヒから来たツァラやピカビアを加えてさまざまのダダ的集会や実験を展開した。…

※「シュウィッタース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュウィッタースの関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩卸売物価指数改良服国民之友保安条例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone