コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウービーヤ運動 シュウービーヤうんどう Shu`ūbīyah

3件 の用語解説(シュウービーヤ運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウービーヤ運動
シュウービーヤうんどう
Shu`ūbīyah

西アジアにおいてアッバース朝治下に展開されたイラン化運動。8世紀なかばに,ウマイヤ朝を倒して政権についたアッバース朝は,イスラム帝国の支配理念としてイラン君主制の伝統と政治哲学を採用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュウービーヤうんどう【シュウービーヤ運動 Shu‘ūbīya】

アッバース朝初期の8世紀から9世紀にかけ,アラブと非アラブとの平等を主張したイスラムの文化運動。その担い手は,大部分がイラン系の新改宗者からなるカーティブ(書記)で,彼らはイスラム教徒の平等を説いたコーラン49章13節を拠り所とし,そこに記されたシュウーブ(民族,単数形はシャーブsha‘b)を自らの呼び名とした。彼らはアダブ文学作品の著者でもあり,それを武器としてアラブ文化に対する伝統的イラン文化の優越を主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュウービーヤ運動
しゅうーびーやうんどう
al-Shu‘bya

8世紀中ごろからイスラム世界に起こった思想運動で、とくに文学者たちの間で活発であった。アッバース朝第2代カリフマンスール(在位754~775)の時代から始まったという。イスラムに帰依したイランの文化人たちは、アラブ人が優越感を抱いて自分たちに臨み、ことに新たに改宗した異民族をマワーリー(付庸民)として、アラブのどの部族かに従属させること、種々の差別待遇をすることを憤っていた。コーラン(49章13節)に、すべてのムスリムが兄弟であり、平等であることを説いて「われら(神)はなんじらをシュウーブとカバーイルとにした」とあるが、このシュウーブを非アラブ(アジャム)の諸部族、カバーイルをアラブの諸部族と解し、かつアラブは最近まで野蛮状態にいた後進の民、自分たちこそ古い文明をもつ民とした。シリアエジプトスペインにもこの運動は広がったが、それらの主張にはそれぞれ若干の差があった。[前嶋信次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュウービーヤ運動の関連キーワードアッバース朝ハロゲートフスタアバーコンウィハウスバラオブバーゼイアナバルザシャンルウルファ城バンダルアッバースジルヤーブアッバース朝革命

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone