コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイア シュタイア Steyr

3件 の用語解説(シュタイアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シュタイア(Steyr)

オーストリア、オーバーエスターライヒ州の工業都市自動車工業が盛ん。中世の面影を残す旧市街には、市庁舎やマリエン教会をはじめ、歴史的建造物が数多く残る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュタイア【Steyr】

オーストリア北部,リンツの南にある都市で,オーバーエスタライヒの郡庁所在地シュタイアSteyr川とエンスEnns川との合流点に位置。人口3万8942(1981)。有数の製鉄業の中心。冶金,電気,装身具製造のほかオーストリア最大の自動車メーカー,シュタイア・ダイムラー・プッフの主力工場がある。また市立商科大学,ドレスメーカー学院などがある。旧市街には,ゴシック様式の教区教会(1443),バロック様式ドミニコ会教会(1472創建,1642‐47再建),ロココ様式の市庁舎(1765‐78),ランベルク城(1727,バロック様式,旧シュティラブルクの跡地に造営)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタイア
しゅたいあ
Steyr

オーストリア中北部、オーバーエスターライヒ州の都市。人口3万9340(2001)。シュタイア川とエンス川の合流点に発達した鉄の町で、この一帯に産する鉄鉱石の積出し地として15世紀にはすでに州内の富裕都市であった。しかし反宗教改革を機に有力な市民たちが移住したため衰微し、19世紀以降、武器工場設立でようやく回復し、現在は自動車工業の中心地となっている。段丘上に立地しているため、旧市街の歴史的景観がいまも保存されている。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイアの関連キーワードトリエステブレゲンツリンツオーストリア併合ブリスベーンオーストリーグリンツィングハウプト広場ペストリンクベルク巡礼教会リエンツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュタイアの関連情報