コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイア Steyr

世界大百科事典 第2版の解説

シュタイア【Steyr】

オーストリア北部,リンツの南にある都市で,オーバーエスタライヒの郡庁所在地。シュタイアSteyr川とエンスEnns川との合流点に位置。人口3万8942(1981)。有数の製鉄業の中心。冶金,電気,装身具製造のほかオーストリア最大の自動車メーカー,シュタイア・ダイムラー・プッフの主力工場がある。また市立商科大学,ドレスメーカー学院などがある。旧市街には,ゴシック様式の教区教会(1443),バロック様式のドミニコ会教会(1472創建,1642‐47再建),ロココ様式の市庁舎(1765‐78),ランベルク城(1727,バロック様式,旧シュティラブルクの跡地に造営)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタイア
しゅたいあ
Steyr

オーストリア中北部、オーバーエスターライヒ州の都市。人口3万9340(2001)。シュタイア川とエンス川の合流点に発達した鉄の町で、この一帯に産する鉄鉱石の積出し地として15世紀にはすでに州内の富裕都市であった。しかし反宗教改革を機に有力な市民たちが移住したため衰微し、19世紀以降、武器工場設立でようやく回復し、現在は自動車工業の中心地となっている。段丘上に立地しているため、旧市街の歴史的景観がいまも保存されている。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュタイアの関連キーワードブルックナー(Josef Anton Bruckner)グラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城ブルック・アン・デア・ムールクリストフ プレガルディエンエルフリーデ イェリネクグンドゥラ ヤノヴィッツペーター ローゼッガーマクシミリアン(1世)シュタイアーマルク州シルヒャーワイン街道ザルツカンマーグートダハシュタイン山地ザルツブルク[州]マルリース シルトルドルフ[1世]オタカル(2世)シュティリアルテオーストリア文学オタカル[2世]ハプスブルク家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュタイアの関連情報