コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトラスブルガー シュトラスブルガーStrasburger, Eduard Adolf

6件 の用語解説(シュトラスブルガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトラスブルガー
シュトラスブルガー
Strasburger, Eduard Adolf

[生]1844.2.1. ワルシャワ
[没]1912.5.18. ボン
ドイツの植物学者,細胞学者。パリ,ボン,イェナ各大学に学び,1866年イェナ大学で学位取得。ワルシャワ大学 (1868) ,イェナ大学 (69~80) を経て,ボン大学の教授となって (80~1912) ,同大学を細胞学研究の世界的な中心地に育て上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シュトラスブルガー(Eduard Strasburger)

[1844~1912]ドイツの植物学者。ポーランドの生まれ。植物の受精・生殖器官細胞分裂に関する研究に功績。著「受精及び細胞分裂」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シュトラスブルガー

ドイツの細胞学者。ボンおよびイェーナ大学で学び,のちボン大学教授となる。植物細胞の核分裂を研究し,染色体の縦裂,種によって染色体数が一定であることなどを観察,有糸分裂減数分裂の過程を明らかにした。
→関連項目藤井健次郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラスブルガー【Eduard Strasburger】

1844‐1912
ドイツの植物細胞学者,イェーナ大学,ボン大学教授。種子植物における受精を明らかにし(1877),ファンベネーデンE.van Beneden(1883),ギニャールL.Guignard(1889)とともに減数分裂を発見(1888),植物の発生学に大きく寄与。また染色体の詳細な研究を数多く発表して,生殖における染色体の行動を定式化し,細胞遺伝学の基礎をきずき,ドイツ細胞学の権威を世界的に高めた。日本の細胞学,遺伝学は彼の影響をつよく受けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シュトラスブルガー【Eduard Adolf Strasburger】

1844~1912) ドイツの植物学者。植物の受精過程を解明。有糸分裂・減数分裂を明示、遺伝物質が核にあることを予言した。著「植物学教科書」は各国で広く使用された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトラスブルガー
しゅとらすぶるがー
Eduard Strasburger
(1844―1912)

ドイツの植物細胞学者。ボンとイエナの大学で学び、イエナ大学教授を経てボン大学教授。種子植物における受精過程を研究し、ベネデン、ギニャールJean-Louis-Lon Guignard(1852―1928)と前後して減数分裂を発見し(1888)、植物の発生学を開拓した。また有糸分裂と染色体の詳細な研究を多数発表して、生殖における染色体の行動を明らかにした。これはメンデルの法則の再発見(1900)の条件をつくり、細胞遺伝学の基礎を固めたものであり、ドイツ細胞学の権威を世界に確立した。日本では藤井健次郎が彼に師事してその学風を移入し、日本の細胞学、遺伝学の性格づけに大きく影響した。専門書『ber Zellbildung und Zellteilung』(1875)などのほか、教科書『Lehrbuch der Botanik』(1894)は広く読まれた。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュトラスブルガーの関連キーワード曲芸井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係米中関係新聞小説探偵小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone