コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトラスブルガー シュトラスブルガー Strasburger, Eduard Adolf

6件 の用語解説(シュトラスブルガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトラスブルガー
シュトラスブルガー
Strasburger, Eduard Adolf

[生]1844.2.1. ワルシャワ
[没]1912.5.18. ボン
ドイツの植物学者,細胞学者。パリ,ボン,イェナ各大学に学び,1866年イェナ大学で学位取得。ワルシャワ大学 (1868) ,イェナ大学 (69~80) を経て,ボン大学の教授となって (80~1912) ,同大学を細胞学研究の世界的な中心地に育て上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シュトラスブルガー(Eduard Strasburger)

[1844~1912]ドイツの植物学者。ポーランドの生まれ。植物の受精・生殖器官細胞分裂に関する研究に功績。著「受精及び細胞分裂」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュトラスブルガー

ドイツの細胞学者。ボンおよびイェーナ大学で学び,のちボン大学教授となる。植物細胞の核分裂を研究し,染色体の縦裂,種によって染色体数が一定であることなどを観察,有糸分裂減数分裂の過程を明らかにした。
→関連項目藤井健次郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラスブルガー【Eduard Strasburger】

1844‐1912
ドイツの植物細胞学者,イェーナ大学,ボン大学教授。種子植物における受精を明らかにし(1877),ファンベネーデンE.van Beneden(1883),ギニャールL.Guignard(1889)とともに減数分裂を発見(1888),植物の発生学に大きく寄与。また染色体の詳細な研究を数多く発表して,生殖における染色体の行動を定式化し,細胞遺伝学の基礎をきずき,ドイツ細胞学の権威を世界的に高めた。日本の細胞学,遺伝学は彼の影響をつよく受けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シュトラスブルガー【Eduard Adolf Strasburger】

1844~1912) ドイツの植物学者。植物の受精過程を解明。有糸分裂・減数分裂を明示、遺伝物質が核にあることを予言した。著「植物学教科書」は各国で広く使用された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトラスブルガー
しゅとらすぶるがー
Eduard Strasburger
(1844―1912)

ドイツの植物細胞学者。ボンとイエナの大学で学び、イエナ大学教授を経てボン大学教授。種子植物における受精過程を研究し、ベネデン、ギニャールJean-Louis-Lon Guignard(1852―1928)と前後して減数分裂を発見し(1888)、植物の発生学を開拓した。また有糸分裂と染色体の詳細な研究を多数発表して、生殖における染色体の行動を明らかにした。これはメンデルの法則の再発見(1900)の条件をつくり、細胞遺伝学の基礎を固めたものであり、ドイツ細胞学の権威を世界に確立した。日本では藤井健次郎が彼に師事してその学風を移入し、日本の細胞学、遺伝学の性格づけに大きく影響した。専門書『ber Zellbildung und Zellteilung』(1875)などのほか、教科書『Lehrbuch der Botanik』(1894)は広く読まれた。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュトラスブルガーの関連キーワードアッベクラウゼゲーベルシェーラーツァイスフォイエルバハフレーゲホフマイスターイェーナ大学山羽儀兵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone