コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井健次郎 ふじいけんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤井健次郎
ふじいけんじろう

[生]慶応2(1866).10.5. 石川
[没]1952.1.11. 東京
植物学者,遺伝学者。東京帝国大学植物学科卒業 (1892) 。ボン大学に留学し,東京帝国大学教授 (1918) 。遺伝学講座を新設。染色体の螺旋構造の発見,研究で知られる。国際的な専門誌"CYTOLOGIA"を創刊した功績も大きい。 1950年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

藤井健次郎【ふじいけんじろう】

植物細胞遺伝学者。石川県生れ。東大植物卒。ドイツに留学し,シュトラスブルガー植物形態学,細胞学を学ぶ。のち東大教授として,新設の遺伝学講座を担当。遺伝学・細胞学の発展に寄与し,細胞学雑誌《キトロギア(Cytologia)》を創刊した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井健次郎 ふじい-けんじろう

1866-1952 明治-昭和時代の植物学者,遺伝学者。
慶応2年10月5日生まれ。明治43年東京帝大教授。大正7年日本最初の遺伝学講座を担当した。「遺伝子」の命名者で,染色体のらせん構造を発見。昭和4年国際細胞学雑誌「キトロギア」を創刊。25年文化勲章。昭和27年1月11日死去。85歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじいけんじろう【藤井健次郎】

1866~1952) 植物学者。石川県の生まれ。東大教授。植物形態学と細胞遺伝学に業績を上げた。日本最初の遺伝学講座を開き、欧文の細胞学雑誌 Cytologia を創刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤井健次郎
ふじいけんじろう
(1866―1952)

植物学者。金沢市生まれ。1892年(明治25)帝国大学理科大学植物学科を卒業、大学院を経て助手。ドイツに留学して、3年間シュトラスブルガーにつき植物形態学、細胞学を学んだ。留学中の1902年(明治35)助教授に昇任。帰国後、裸子植物の精子、植物化石の研究に従事し、1911年教授となった。1918年(大正7)遺伝学講座創設とともにその担当となり、染色体に螺旋(らせん)構造を発見し、染色体の構造について説を唱え、また遺伝子の実体としてのDNAの化学的究明の必要を示唆した。優れた着眼によって多くの門下を養成し、日本の細胞遺伝学の水準を高めるのに寄与した。1929年(昭和4)国際細胞学雑誌『キトロギア』Cytologiaを創刊。1950年(昭和25)文化勲章を受けた。[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤井健次郎の関連キーワードE. シュトラスブルガー保井 コノ沼田 藤次昭和時代大賀一郎らせん欧文学会藤井

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android