コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュノンソー城 シュノンソージョウ

3件 の用語解説(シュノンソー城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シュノンソー‐じょう〔‐ジヤウ〕【シュノンソー城】

Château de Chenonceau》フランス中部、アンドル‐エ‐ロアール県、シュノンソーにある城。15世紀の城塞の名残である独立塔、16世紀に建てられた初期ルネサンス様式の棟、シェル川に架かる橋に建てられた3層の回廊をもつ棟で構成される。フランスアンリ2世の寵妾ディアヌ=ド=ポアチエ、正妃カトリーヌ=ド=メディシスら、16世紀の創建以来、代々女性が城主だったため、「6人の女の城」とよばれる。ロアール渓谷流域の古城の一つとして、2000年に「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

シュノンソー城

シュノンソー城は、城内にロワール川支流のシェール川を取り入れ、広大な庭園の中に気品を漂わせてたたずむ白い城館です。川をまたいで建つ姿がとても優美なこの城は、ルネサンス様式の傑作といわれています。約400年間6代にわたり城主がすべて女性であったため別名「6人の奥方の城」。特に国王アンリ2世をめぐる2人の女性の愛憎劇は有名で、愛人のディアーヌ・ド・ポワティエは庭園とアーチ形の橋を付け加えましたが、王の死後、本妻カトリーヌ・ド・メディシスに城を取り上げられました。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュノンソーじょう【シュノンソー城】

フランス中部、ロワール地方の都市トゥール(Tours)の東約26kmのシュノンソー(Chenonceaux)にある古城。ロワール川の支流、シェール川をまたぐように建っている優美な城である。11世紀に製粉所跡に建てられた城がその起源といわれる。この城はさまざまな変遷をたどりながらフランソワ1世(1494~1547年)に献上され、その次男で次のフランス王となったアンリ2世が寵妾のディアーヌ・ド・ポワチエにこの城を贈った。その後、正妃カトリーヌ・ド・メディシスの城となり、代々6人の女性の城主が続いた。このため「6人の女の城」と呼ばれる。城は15世紀の城塞の名残のマルクの塔、16世紀の初期ルネサンス様式の棟、シェール川に架かる橋に建てられた3層の回廊を持つギャラリー(回廊)で構成されている。また、マルクの塔の側にカトリーヌ・ド・メディシス庭園、その反対側にディアーヌ・ド・ポワチエ庭園の2つのフランス式庭園がある。城内には、ディアーヌ・ド・ポワチエやカトリーヌ・ド・メディシスの居室のほか、カトリーヌの娘たちの部屋、アンリ4世の寵妃のガブリエル・デストレの居室などがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュノンソー城の関連キーワードツールーズルーベトゥールジャッククール宮殿バントゥー山フランスソワールラトゥールゴロワーズ・レジェールドラクロワ礼賛トゥーシュ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュノンソー城の関連情報