シュミットボン(英語表記)Schmidtbonn, Wilhelm

  • 1876―1952
  • Wilhelm Schmidtbonn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1876.2.6. ボン
[没]1952.7.3. バートゴーデスベルク
ドイツの劇作家小説家。本名 Wilhelm Schmidt。初め音楽家を志したが,書籍商となり,各地の大学で学び,伝説劇『町の子』 Mutter Landstrasse (1901) で認められ,文筆生活に入った。その文学はライン地方の郷土性に根ざした,反文明的保守的なものだが,抒情性ゆえに愛好された。戯曲『グライヘン伯爵』 Der Graf von Gleichen (08) ,童話『奇跡の木』 Der Wunderbaum (13) ,自伝『川のほとりに生きて』 An einem Strom geboren (35) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの作家。ボン生まれ。自然主義に近い出発から、新ロマン派風な戯曲で名声を得、のち一時期、表現主義に近づいた。しかしその特色は、ライン地方の自然に密着した単純な人間の生活を、詩情豊かに描いた郷土芸術的なところにある。戯曲のほか、メルヘン、伝説、物語、一部自伝的な長編小説がある。主要著作は、戯曲『街(まち)の子』(1901)、『放蕩(ほうとう)息子』(1912)、『憑(つ)かれた人々の町』(1915)、物語『河畔の人々』(1903)など。

[城山良彦]

『森鴎外訳『街の子』(岩波文庫)』『秦豊吉訳「放蕩息子」(『近代劇大系7』所収・1924・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Wilhelm Schmidtbonn ウィルヘルム━) ドイツの詩人、小説家。自然主義と新ロマン主義の転回点に位置し、自然への親近感と素朴な人間愛に支えられた作品を残す。戯曲「街の子」は森鴎外の訳により知られる。著に「世界の庭」、自伝「河のほとりに生まれて」など。(一八七六‐一九五二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android