コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュミットボン シュミットボンSchmidtbonn, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュミットボン
Schmidtbonn, Wilhelm

[生]1876.2.6. ボン
[没]1952.7.3. バートゴーデスベルク
ドイツの劇作家小説家。本名 Wilhelm Schmidt。初め音楽家を志したが,書籍商となり,各地の大学で学び,伝説劇『町の子』 Mutter Landstrasse (1901) で認められ,文筆生活に入った。その文学はライン地方の郷土性に根ざした,反文明的保守的なものだが,抒情性ゆえに愛好された。戯曲『グライヘン伯爵』 Der Graf von Gleichen (08) ,童話『奇跡の木』 Der Wunderbaum (13) ,自伝『川のほとりに生きて』 An einem Strom geboren (35) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

シュミットボン【Wilhelm Schmidtbonn】

1876~1952) ドイツの小説家・劇作家。郷土ライン川下流域の風物描写にすぐれる。戯曲「街の子」、自伝「河畔に生まれて」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュミットボン
しゅみっとぼん
Wilhelm Schmidtbonn
(1876―1952)

ドイツの作家。ボン生まれ。自然主義に近い出発から、新ロマン派風な戯曲で名声を得、のち一時期、表現主義に近づいた。しかしその特色は、ライン地方の自然に密着した単純な人間の生活を、詩情豊かに描いた郷土芸術的なところにある。戯曲のほか、メルヘン、伝説、物語、一部自伝的な長編小説がある。主要著作は、戯曲『街(まち)の子』(1901)、『放蕩(ほうとう)息子』(1912)、『憑(つ)かれた人々の町』(1915)、物語『河畔の人々』(1903)など。[城山良彦]
『森鴎外訳『街の子』(岩波文庫) ▽秦豊吉訳「放蕩息子」(『近代劇大系7』所収・1924・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュミットボンの関連キーワード路上の霊魂新古典主義浦上后三郎2月6日河畔