コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリック シュリック Schlick, Moritz

6件 の用語解説(シュリックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュリック
シュリック
Schlick, Moritz

[生]1882.4.14. ベルリン
[没]1936.6.22. ウィーン
ドイツの哲学者。ウィーン学団の創始者。ハイデルベルクローザンヌ,ベルリンの各大学で物理学を学び,ベルリン大学では M.プランクの指導を受けた。 1917年以降ロシュトク大学,キール大学ウィーン大学スタンフォード大学などの助教授,教授を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シュリック(Moritz Schlick)

[1882~1936]ドイツ生まれの哲学者。ウィーン学団の創設者の一人。マッハ主義を受け継いで論理実証主義を唱えた。著「一般認識論」「倫理学考」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュリック

ドイツの哲学者。ウィーン学団を代表する一人。マッハ実証主義ラッセル論理主義ウィトゲンシュタインの哲学の影響下に論理実証主義を提唱,とりわけ〈意味の検証理論〉は今日にあっても尊重されている。
→関連項目ウィーン学団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュリック【Moritz Schlick】

1882‐1936
ドイツの哲学者。ベルリン大学でM.プランクの下で物理学を学んだのち,ウィーン大学に移り,カルナップを呼びよせて〈ウィーン学団〉を創設,みずからその中心人物として活躍した。その思想は〈論理実証主義〉と呼ばれ,マッハの実証主義とB.A.W.ラッセルの論理主義をウィトゲンシュタインの哲学の下で結合したものである。倫理学においては功利主義をとなえたが,今日のわれわれにとって重要なのは,彼が初めて,命題の意味とはその検証方法であるという〈意味の検証理論〉を明確に打ち出したことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シュリック【Moritz Schlick】

1882~1936) オーストリアの哲学者。ウィーン学団の創設者の一人。ウィーン大学教授。マッハとウィトゲンシュタインの論理実証主義を唱えて意味の検証理論を確立した。著「一般認識論」「倫理学の諸問題」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュリック
しゅりっく
Moritz Schlick
(1882―1936)

ドイツの哲学者。ベルリン生まれ。ベルリン大学で、マックス・プランクの弟子として物理学の論文で学位をとった。キール大学などいくつかの大学で教えたのち、1922年からウィーン大学教授となる。その間にアメリカの大学に教えに行ったこともある。彼同様に自然科学の素養があったノイラートカルナップ、ワイスマンFriedrich Waismann(1896―1959)、ゲーデルなどとともに、検証可能な命題だけを基礎に哲学を再編成しようとするウィーン学団を結成し、宣言を発表し、国際会議を開き、機関誌を発行するなど、この学団の活動の中心人物であった。ノイラートやカルナップの極端な物理主義とは異なり、精神現象について述べる言語の独立性を説き、ウィーン学団のなかでは右派といわれる。1936年、彼は精神に障害をもっていた学生に暗殺された。まもなく学団のメンバーナチスの弾圧を避けて諸外国に亡命し、論理実証主義の内部崩壊が始まりかけたので、彼はこの主義と興亡をともにしたシンボルのようにいわれることがある。主著に『一般認識論』(1918)、『倫理学考』(1930)などがある。[吉田夏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュリックの言及

【論理実証主義】より

…この講座を中心としてウィーン大学において,近代自然科学に接近した経験主義的な哲学傾向がしだいに醸成された。このような状況の中で,1922年シュリックがこの講座を引き継いだ。当時シュリックのもとに多くの若い哲学者,物理学者,数学者,社会科学者などが集まり,私的な会合が続けられていたが,28年,このメンバーが中心となって〈マッハ協会〉を設立し,ウィーン学団が結成され,その公的な哲学運動が始まる。…

※「シュリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュリックの関連キーワードシュプランガージンメルツェルメロパウルゼンライヘンバハルスカ西ベルリンベルリンタワーブラッヒャーヘーニッシュ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュリックの関連情報