コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレスウィヒ・ホルシュタイン Schleswig‐Holstein

1件 の用語解説(シュレスウィヒ・ホルシュタインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュレスウィヒ・ホルシュタイン【Schleswig‐Holstein】

ドイツ連邦共和国の一州。同国最北端の州で,ユトランド半島の南半を占め,北はデンマークに接し,東はバルト海,西は北海に面している。アイダーEider川をはさんで北がシュレスウィヒ(デンマーク語スリースウィーSlesvig),南がホルシュタイン。バルト海のフェーマルン島,北海の北フリージア諸島およびヘルゴラント島を含み,面積は1万5659km2,人口271万(1995)。州都は海港都市キール。おもな都市としてほかにリューベックがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュレスウィヒ・ホルシュタインの関連キーワードドイツ統一ドイツ民主共和国ドイツ連邦ドイツ連邦共和国西ドイツドイツ連邦共和国基本法ドイツ基本法独逸伯林統一ドイツ

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュレスウィヒ・ホルシュタインの関連情報