コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ連邦 ドイツれんぽうDeutscher Bund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ連邦
ドイツれんぽう
Deutscher Bund

ウィーン会議により 1815年6月発足し,プロシアオーストリア戦争後の 66年のプラハ条約で解体したドイツの国家組織。オーストリア帝国およびプロシア,ザクセンなど5王国,ヘッセン=カッセル選帝侯国のほか大公国7,公国 10,侯国 10,自由都市4の計 38君主国 (のち 1817年にホンブルク地方伯領加入で 39) から成り,フランクフルト連邦議会がおかれた。参加各邦は連邦内他国の戦争の際の一致協力と,相互間の戦争禁止以外は主権を制約されず,一般事務処理の際は大国1票,小邦は数国を合せて1票の表決権を有し,重要法案審議の際は総会を構成し,その表決権は国力の大小に応じて行使された。連邦議会の議長はオーストリアより出され,指導権をもったメッテルニヒのもと連邦議会は,三月革命までの反動的役割を果し,革命後の7月 12日,フランクフルト国民議会に権限をゆだねて解散。反革命後,オーストリアの提唱で 50~51年ドレスデン議会により復活,51年夏,復活後最初の連邦議会が開かれたが,オーストリア,プロシアの勢力争いに終始し,結局プロシア=オーストリア戦争後のプラハ条約で連邦は正式に解体した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドイツ‐れんぽう〔‐レンパウ〕【ドイツ連邦】

Deutscher Bundウィーン会議の結果、1815年に成立した全ドイツ的な連邦組織。35の君主国と4自由都市によって構成され、オーストリアが盟主となったが、1866年、普墺(ふおう)戦争後に解体。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドイツ連邦【ドイツれんぽう】

1815年ウィーン会議の決定に基づきドイツの35君主国と4自由市によって結成された国家連合組織。常置機関としてフランクフルトに連邦議会を置き,各国はここに公使を派遣,議長はオーストリア公使。
→関連項目ドイツドイツ関税同盟リヒテンシュタイン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツれんぽう【ドイツ連邦 Deutscher Bund】

1815年ウィーン会議によってつくられた,ドイツ諸国(自由都市を含む)の連合組織。15年5月の〈ドイツ連邦規約〉に基づき,〈ドイツの内的安全と個々のドイツ諸邦の独立および不可侵性の維持〉を目的として39ヵ国で結成。連邦の機構はその後20年のウィーン最終規約等により,連邦権力を強化する方向で細目の規定を得たが,加盟諸国の国家主権は不可侵であり,連邦は最後まで諸邦連盟にとどまって一つの連邦国家には発展しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドイツれんぽう【ドイツ連邦】

ウィーン会議の結果、1815年に構成されたドイツの連邦組織。オーストリアを中心に三五君主国と四自由市から成る。普墺戦争により66年崩壊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ連邦
どいつれんぽう
Deutscher Bundドイツ語

神聖ローマ帝国解体とナポレオンによるドイツ諸侯国統廃合のあとを受け、1815年ウィーン会議で創設されたドイツ諸国の連合組織。オーストリア帝国、プロイセン王国とほかに四王国、一選帝侯国、七大公国、10公国、10侯国、一地方伯国、四自由市の計39国が加盟し、その機関としてフランクフルトに連邦議会が設置された。連邦議会は、議長国オーストリアによって統一ドイツ国家実現の運動を抑圧する機関として利用され、ウィーン体制期には自由主義的統一運動を弾圧した。その後ビスマルクが登場すると、プロイセン中心のドイツ統一に反対した。そのため1866年プロイセン・オーストリア戦争においてオーストリアが敗北するとともに連邦も崩壊した。[岡崎勝世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドイツ連邦の言及

【ウィーン体制】より

…ウィーン体制はこのような方向に対して,政治的かつ思想的に歯止めをかけようとした復古的分立主義であった。
【ドイツ連邦の成立】
 ウィーン会議の結果,1815年6月8日に,34の主権を持った侯国と四つの自由都市によって〈連邦議定書〉が調印され,〈ドイツ連邦〉が成立した。しかしこれは統一されたドイツ国家ではなく,ドイツ諸侯がその主権を保証し合う君主同盟であって,統一よりも分裂の原理の勝利を意味した。…

【プロイセン】より

…ナポレオンに対する解放戦争でプロイセンが主役を演ずることができたのは,こうした改革のたまものである。 しかし,いったんナポレオンによる支配から解放されると,メッテルニヒの〈ウィーン体制〉のもとで,プロイセンはウィーン会議後結成されたドイツ連邦における政治的反動の一翼を担い,国内における改革もユンカーの勢力挽回によって頓挫を余儀なくされた。西南ドイツを中心に立憲君主制が連邦諸国で実現されつつあるこの時期に,プロイセンは,オーストリアと同様,憲法も国民代表機関としての議会ももたず,絶対主義的な統治体制を固持しつづけた。…

※「ドイツ連邦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドイツ連邦の関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ国家連合ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデスプルーインヘボン

ドイツ連邦の関連情報